福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

令和元年度主催講座  一覧

※参加費は「お一人当たり×人数分」が必要です。

三方五湖自然教室「サケの遡上を観察しよう」を開催しました。

2019年11月10日(日)、若狭町のはす川にて、三方五湖自然教室「サケの遡上を観察しよう」を開催いたしました。

20名の皆様が参加され、集合場所のリブラ若狭2階研修室に集合しました。

リブラ若狭で水産研究・教育機構日本海区水産研究所の飯田真也主任研究員より、サケはなぜ生まれた川に帰ってくることができるのかやサケが川に作る産卵床など、サケの生態についての話や、最近日本各地でサケの遡上数が大きく減少しているというお話をしていただきました。
そのあと観察場所であるはす川へ移動し、はす川第2揚水機場上流の堰堤から佐古橋まで徒歩で移動しながら観察を行いました。堰堤から佐古橋までの間に設定した8箇所の観察ポイントを中心に双眼鏡などを使って観察しました。飯田主任研究員には現地でもサケの産卵床の仕組みや産卵行動などについて詳しく解説していただきました。参加者には観察されたサケの数を記録してもらいました。昨年の講義にも来ていただいている飯田主任研究員のお話では、昨年の半分ほどの数しかサケが見られないとのことでしたが、それでも総数58尾(生きているサケ52尾、死んでいたサケ6尾)のサケが観察されました。
参加者から「こんな川にサケがいるとは思っていなかったから驚いた。」、「大きなサケを見ることができてよかった。小学生の子どもたちにとっても良い経験ができた。」、「サケの遡上を初めて観察できた。身近な川の環境をこれ以上悪くしないようにしたいと思った。」といった感想がありました。

観察されたサケの数の記録はこちらです。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 三方五湖自然教室

海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!①(定置網)」を開催しました。

2019年9月28日(土)、若狭町世久見の世久見漁港にて、海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!①定置網」を開催いたしました。

集合時間は午前4時30分という早朝にもかかわらず定員いっぱいの25名の皆様が参加されました。

当日はやや風はありましたが、波はほとんどなく、穏やかな海で絶好の条件での講座となりました。漁船に乗り込み午前5時に世久見漁港を出港、10分ほどで漁場に到着し、船上で網を上げる作業を見学しました。約1時間ほどで漁獲された魚が水面に現れ、網から船へ魚を移す作業が始まり、参加者から歓声が上がりました。漁場での作業が終わった後、船員さんが獲れたばかりのサワラを捌いて試食させてくれました。新鮮なサワラの刺身の大判振る舞いに参加者は大喜びで舌鼓を打っていました。
世久見漁港に帰港後、港の荷捌き場で漁獲された魚の仕分け作業を見学、参加者たちは普段は見られない魚の仕分け作業を興味深げに見学していました。この日はサワラ、シイラ、ツバス(ブリの幼魚)、アジなどの魚が取れていました。
参加者から「貴重な体験ができ楽しかった。」「獲れたての刺身が美味しかった。」「魚の仕分け作業はなかなか見学できないので、早起きして参加した甲斐があった。」といった感想がありました。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

三方五湖自然教室「田んぼで魚の赤ちゃんをつかまえよう」を開催しました。

2019年6月23日(日)、若狭町鳥浜地区の水田にて、三方五湖自然教室「田んぼで魚の赤ちゃんをつかまえよう」を開催いたしました。

29名の皆様が参加され、集合場所の若狭町鳥浜貝塚公園に集合しました。

鳥浜貝塚公園で福井県立大学海洋生物資源学科の富永修教授より、コイやフナなどの魚の稚魚が育つのに田んぼが重要な役割を果たしていることや、田んぼで魚の稚魚を増やすにはどうしたらいいかなどのお話をしていただきました。
そのあと、コイやフナの稚魚を育てる取組みをしている、鳥浜地区の水田に徒歩で移動し、田んぼの持ち主の美しい鳥浜を創る会の岩本さんより、田んぼでコイやフナの稚魚を育てる取組みについて説明していただいた後、岩本さんの水田の周りの水路を中心に生きもの採集を行いました。この日はフナやコイ、ナマズの稚魚やカエルなど多くの生きものが採集されました。採集された生きものの種類や数を記録し、はす川に合流する水路に放流しました。
参加者から「生きものをたくさん捕まえることができて、楽しかった。」「子どもはカエル取りに夢中となりましたが、最後まで楽しんでいるようでした。」といった感想がありました。

獲れた生きものの記録はこちらです。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 三方五湖自然教室

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 三方湖オジロワシとコハクチョウ」を開催しました。

2020年2月2日(日)、若狭町水月湖・藤井水田にて、三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 三方湖オジロワシとコハクチョウ」を開催いたしました。

今年度最後のバードウォッチング。今回は毎回好評のオジロワシとコハクチョウの観察を行いました。

1月下旬は雨や風で観察しにくい日が続きましたが、当日は好天に恵まれ、絶好の観察日和となりました。この日は野鳥の会の海ワシ調査が同時に行われ、朝早くからオジロワシを探しています。オリエンテーション、観察ポイントの説明をしていると、水月湖でオジロワシ発見の一報が入り、水月湖畔へ移動。対岸の山中の木にとまっているとのことで、到着後すぐ観察開始。かなり距離があるため双眼鏡やフィールドスコープでもかなり小さくしか見えませんが、講師の野鳥の会の皆さんに詳しく説明していただき、時間をかけて観察できました。その後、藤井の水田へ移動。ここではコハクチョウを間近で観察しました。12羽のコハクチョウが餌を探している、食べている様子を見ることができました。観察棟に戻ってまとめを行い、終了となりました。参加された方から「オジロワシを初めて見て感動した。」「コハクチョウが頭を泥だらけにしながら餌を探している姿がかわいいと思った。」「オジロワシやコハクチョウが安心して冬を過ごせる環境を守っていくことの大切さを学んだ。」といった感想がありました。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 野鳥観察

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 久々子湖ビギナーのための探鳥会」を開催しました。

2020年1月18日(土)、美浜町久々子湖周辺にて、三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 久々子湖ビギナーのための探鳥会」を開催いたしました。

今年度4回目のバードウォッチング。今回は久々子湖周辺でカモ類を中心に観察を行いました。

北風が強いものの、好天に恵まれました。オリエンテーションの後、経験者と初心者のグループに別れ、経験者グループはバスで久々子湖北西の湖岸へ移動し、歩きながら観察しました。初心者もカモ類の見分け方のレクチャーの後、歩いて久々子湖東側の湖岸で観察しました。マガモ、コガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、オナガガモ、ホオジロガモなどたくさんのカモ類が見られました。またカンムリカイツブリ、イソシギ、ウミネコ、アオサギなど水辺の野鳥も観察、ミサゴが何度もすぐ近くを通ったり、ハヤブサが山頂の木にとまっていたりする姿も見られました。そして何と、オジロワシの姿も!参加者も講師も大興奮しながら双眼鏡でその姿を追いました。グループごとにまとめをした後はお楽しみ、豚汁のふるまい。美浜町生涯学習まちづくり委員会、環境パートナーシップ会議の皆様にご協力いただき、お茶やミニケースのプレゼントもありました。参加された方から「カモがとてもきれいだった。えさを探してもぐる姿がかわいかった。」「三方五湖の自然のすばらしさを改めて知った。こうした環境を大事にしたい。」といった感想がありました。

次回のバードウォッチングは2月2日にオジロワシとコハクチョウの観察を行います。お楽しみに!

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 野鳥観察

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 三方湖ビギナーのための探鳥会」を開催しました。

2019年12月1日(日)、若狭町三方湖周辺にて、三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 三方湖ビギナーのための探鳥会」を開催いたしました。

今年度3回目のバードウォッチング。今回は三方湖周辺で渡ってきたばかりのカモ類を中心に観察を行いました。

オリエンテーションの後、経験者と初心者にグループわけを行い、経験者グループはすぐ観察に出発。初心者もいくつかのグループに分かれ、三方五湖自然観察棟の中やデッキで講師の日本野鳥の会福井県嶺南ブロックの方から道具の使い方やカモ類の識別ポイントを詳しく教えていただきました。湖畔を散策しながらマガモやヒドリガモ、オナガガモなどのカモ類やオオバン、カイツブリ、アオサギなど様々な野鳥を観察できました。約1時間の観察の後はお楽しみ、焼き芋のふるまい。お茶と一緒に冷えた体を温めました。ビンゴゲームを使って鳥合わせを行い、講師からビンゴゲームの景品(野鳥のシール)をいただきました。参加された方から「カモをたくさん見ることができてうれしかった、焼き芋もおいしかった」「野鳥の観察に夢中になっている我が子の新たな姿を発見できてよかった」といった感想がありました。

次回のバードウォッチングは1月18日(土)9:00~11:30、美浜町久々子湖周辺でカモ類を中心に観察する講座(豚汁付き)を行います。お楽しみに!

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 野鳥観察

海のふれあい教室「海ごみを調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催しました。

2019年11月17日(日)、海浜自然センターと食見海岸にて海のふれあい教室「海ごみを調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催いたしました。

毎年好評の講座で、今年も講師に漂着物学会の林重雄先生に来ていただきました。最初に漂着物に関する最新情報やビーチコーミングのポイントを解説してもらいました。また、今回は海ごみの調査ということで、福井県環境政策課から調査方法について説明してもらいました。当日は天候もよく、数日前の大荒れ直後で大量の漂着物が来ている状態でした。砂浜を10m四方に区切った3区画にある漂着物を回収して材質や用途、国別に分別し、個数や重量を測定しました。その後食見海岸を散策して午後の講座で使用する漂着物を拾いました。午後からは海ごみ調査の結果を聞き、リース作りに挑戦!作り方のポイントを聞き、午前中に拾った漂着物や当センターでストックしていた漂着物を使ってリースを作りました。子どもも大人も夢中になり、クリスマスにぴったりのリースができました。完成後作品を紹介し、講師から講評をいただきました。参加された方から「海外から流れ着いたごみが多いと思ったけど、調べてみると日本国内のごみが多くて驚いた」「プラスチックのごみが多く、自分たちの世代で解決しないといけないと思った」といった感想が聞かれました。

12月7・8日のイベント「冬の海湖を楽しもう!」の中で、漂着物を使ったクラフトも行います。ぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

海のふれあい教室「海ごみを調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催しました。

2019年11月17日(日)、海浜自然センターと食見海岸にて海のふれあい教室「海ごみを調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催いたしました。

毎年好評の講座で、今年も講師に漂着物学会の林重雄先生に来ていただきました。最初に漂着物に関する最新情報やビーチコーミングのポイントを解説してもらいました。また、今回は海ごみの調査ということで、福井県環境政策課から調査方法について説明してもらいました。当日は天候もよく、数日前の大荒れ直後で大量の漂着物が来ている状態でした。砂浜を10m四方に区切った3区画にある漂着物を回収して材質や用途、国別に分別し、個数や重量を測定しました。その後食見海岸を散策して午後の講座で使用する漂着物を拾いました。午後からは海ごみ調査の結果を聞き、リース作りに挑戦!作り方のポイントを聞き、午前中に拾った漂着物や当センターでストックしていた漂着物を使ってリースを作りました。子どもも大人も夢中になり、クリスマスにぴったりのリースができました。完成後作品を紹介し、講師から講評をいただきました。参加された方から「海外から流れ着いたごみが多いと思ったけど、調べてみると日本国内のごみが多くて驚いた」「プラスチックのごみが多く、自分たちの世代で解決しないといけないと思った」といった感想が聞かれました。

12月7・8日のイベント「冬の海湖を楽しもう!」の中で、漂着物を使ったクラフトも行います。ぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

海のふれあい教室「ハロウィンナイトアクアリウム 夜の海の生きものを観察してみよう」を開催しました。

2019年10月26日(土)、海浜自然センターにて海のふれあい教室「ハロウィンナイトアクアリウム 夜の海の生きものを観察してみよう」を開催いたしました。

普段は夕方5時で閉館ですが、この日は夕方6時から夜8時30分まで特別に開館。照明を落とした館内を回り、昼と夜とでは生きものの様子がどう違うか観察しました。元当センター飼育員の佐藤汰樹先生に、アミメハギは流されないように壁や石に口をくっつけていることや、キュウセンやホンベラは砂の中に潜ること、コイやフナはひげを砂にくっつけてエサを探すことなどを解説していただきました。また、クラフト講座も行い、貝殻を貼り付けてハロウィンにぴったりの飾りを作りました。参加された方から「昼と夜の生きものの違いがよく分かったので、今度昼間に来たときにもう一度確かめてみたい。」「子どもだけでなく、大人もクラフトに夢中になれた。」といった感想が聞かれました。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

海のふれあい教室「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催しました。

2019年10月20日(日)、海浜自然センターにて海のふれあい教室「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催いたしました。

毎年好評の魚の解剖・試食体験の講座。今年の魚はツバスです。ツバスの説明後、解剖の方法を実演し、家族ごとに解剖開始。はさみを使い、腹を切り開いて内臓の位置を観察しました。触ってみてどのようなつくりをしているか調べたり、胃を切り開いて何を食べているか調べたりしました。魚とまな板をきれいに洗ったら調理です。今回も小浜市矢代で民宿をされている角野惠美子さんに来ていただき、三枚おろしの方法や骨の取り方、皮のはがし方の実演をしていただきました。説明の後は魚さばき開始。出刃包丁で魚をさばくのは難しいのですが、みなさん積極的に行い、上手にさばきました。今回もメニューは酒蒸しとムニエルの2種類。火を通して調理し、できたら試食しました。参加された方から「簡単にできるので家でもやってみたい。」「魚の命をいただいていい勉強ができた。」といった感想が聞かれました。

11月2日にイカの解剖・試食の講座が行われます。参加希望の方はお早めにお申込みください。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

© 2021 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.