福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

海のふれあい教室「海の宝物を調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催しました。

2020 年11月15日(日)、海浜自然センターと食見海岸にて海のふれあい教室「海の宝物を調べてみよう(ビーチコーミング)!・漂着物アートに挑戦しよう!」を開催しました。

毎年好評の講座で、今年も講師に漂着物学会の林重雄先生に来ていただきました。最初に漂着物の種類とビーチコーミングのポイントを解説してもらいました。2020年の秋に、海浜自然センターがある食見海岸に大量のルリガイが打ち上げられ、センター職員もたくさん拾い集めることができたのですが、それは、山口県から秋田県まで日本海側で広範囲に起こった現象であると教えていただきました。海岸でルリガイを拾われた方もいらっしゃるようで漂着物の最新のお話に興味が尽きないようでした。天候にも恵まれ、青空の下、透き通った海を見ながらビーチコーミングを行いました。木の実、鳥の羽、プラスチック製品、ビーチグラス、電信柱に貼ってある地名が記入されたプレートなど様々な漂着物を拾い集めることができました。センターに戻り、漂着物を洗って乾かして午前の講座は終了となりました。午後からは、リース作りに挑戦しました。作り方のポイントを聞き、午前中に拾った漂着物や当センターでストックしていた漂着物を使ってリースを作りました。センターで用意した土台や流木を組み合わせた土台に、飾りも、木の実、鳥の羽、プラスチックの人形など様々な素材でリースを飾り、個性溢れるリースが完成しました。完成後に講師から作品を紹介してもらい、講評もいただきました。参加された方から「毎年、毎年漂着物には特徴があります。漂着物を通して自然環境に思いを馳せます。」「かわいいリースができた」といった感想が聞かれました。

 

海の自然教室「早めに自由研究スタート!①貝殻を探してみよう②貝殻標本を作ってみよう」を開催しました。

2021年4月17日(土)、美浜町坂尻海岸と海浜自然センターにて、海の自然教室「自由研究スタート!①貝殻を探してみよう②貝殻標本を作ってみよう」を開催しました。
漂着物学会の林重雄先生においでいただき講座を開催しました。午前中は、坂尻海岸で貝殻を採集しました。小雨が降る中での採集でしたが、巻貝や二枚貝など様々な貝殻を20種類以上採集することができました。採集後、センターへ行き、貝殻を洗って乾燥させて昼食休憩となりました。                       午後は、最初に坂尻海岸の地形的特徴と採集できる貝殻の種類について講義していいただきました。近年の環境の変化から、貝の生息地域も変化していることなどを教えていただきました。その後林先生に作っていただいたレジュメや貝殻の標本の見本、図鑑と比べながら貝殻の同定を行いました。貝殻をひっくり返してみたり、見本の横に置いて見比べてみたりしながら同定を行っていました。参加者は貝殻の種類の多さに驚きながら同定を行っていたようです。
参加者からは講座を通じて「貝の名前を少しでも覚えられてうれしかった」「温暖化で今までなかったものが漂着するのは楽しいが、今後の環境も心配」「環境を守れるよう、ゴミを減らしていきたい」等の感想がありました。

海のふれあい教室 プランクトンの世界をのぞいてみよう を開催しました

2021年4月10日(土)に海浜自然センターで海のふれあい教室「プランクトンの世界をのぞいてみよう」を開催いたしました。
5家族14名の皆様が参加され、海浜自然センター体験学習室1に集合しました。
最初に、福井県立大学海洋生物資源学部近藤竜二先生から、プランクトンとはどういう生きものか教えていただきました。魚やクジラなどたくさんの生きものがプランクトンを食べて生きていること、プランクトンが海中でとても重要な役割を担っていることも教えていただきました。とても小さなプランクトンですから、特別な網である「プランクトンネット」を使って採集します。プランクトンネットの仕組みと使い方の説明をしていただいた後に、海岸でプランクトンを採集しました。そっとプランクトンネットを海に沈めて海水を汲み上げてビンに入れていきました。
その後、センターに戻り、家族ごとに分かれて、顕微鏡を使って採集したプランクトンの観察をしました。数種類の珪藻などの植物プランクトンを見ることができました。プロジェクターでプランクトンを投影しながら、映っているプランクトンについて説明していただきました。毒を持ったプランクトンがいることやプランクトンにくっ付いている生きものがいることなど興味深いお話ばかりで参加者の方は熱心に聞き入っていました。「海の中にたくさんの生きものがいる!」と驚きの声をあげながら熱心に観察をされていました。参加者から「動き回るプランクトンを見れておもしろかった。自分たちで実際海に出て取れるのもとてもいい体験だなと思いました。」や「海水中に色々な生きものがいることを初めて知りました。」といった感想がありました。

「岸壁の生きもの観察」 を開催しました

2021年4月11日(日)に海浜自然センターで「岸壁の生きもの観察」を開催いたしました。
5家族16名の皆様が参加され、海浜自然センター体験学習室1に集合しました。この日は天気にも恵まれ、会場である海浜自然センター前の海岸は、底にいるヒトデがよく見えるくらい綺麗に透き通っており、最高のコンディションでした。講座では、始めに職員より岸壁での生きものの捕まえ方や注意点などの話をしました。そのあと、岸壁に生い茂る海藻に網を入れてガサガサし、参加者にはたくさんの小さなものたちを採集してもらいました。採集後はセンターに戻り、普段目にすることのない生きものたちを観察してもらいました。この日は、アサヒアナハゼやクジメの赤ちゃん、イソスジエビ、ホンヤドカリ、エムラミノウミウシ、コツブムシ、チグサガイ、ワレカラなど多くの生きものが観察されました。観察後は、採集された生きものについて職員が解説し、講座を終了しました。参加者から「知らない生きものの名前が知れてよかった。」、「子供にとって良い学びになった。」といった感想をいただきました。

海のふれあい教室 「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催しました。

2020年11月1日に海浜自然センターで海のふれあい教室「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催いたしました。

大人気の講座「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう」を今年も開催しました。今年はツバスで解剖・調理を行いました。参加された方はツバスの大きさ(約40cm)にびっくりしていました。最初にツバスの特徴、体のしくみ、解剖の方法についてスライドを使って説明を聞いてもらいました。実際に解剖を始め、最初に鰓(えら)、幽門垂(ゆうもんすい)など魚に特有の器官を観察しました。胃、小腸などの消化管を観察した後に、胃を切り開いて何を食べているか調べました。魚とまな板をきれいに洗ったら調理を開始しました。今回も小浜市矢代で民宿をされている角野惠美子さんに来ていただき、三枚おろしの方法や骨の取り方、皮のはがし方の実演をしていただきました。出刃包丁で魚をさばいていきますが、大きな魚に手こずりながら、みなさん上手にさばいていました。酒蒸しとムニエルを作りました。バターや醤油のよい香りがしてきたら完成、試食をしました。「こんな美味しい魚は初めて。」「家でもやってみたい。」などの感想が聞かれました。

海のふれあい教室「海藻の体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催しました。

2021年3月6日(土)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「海藻の体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催いたしました。

17名の皆様が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに講師の大島漁業協同組合女性部の子末部長より海藻ゼリーの作り方の説明があり、早速海藻ゼリー作りをはじめました。材料のテングサを鍋で煮込み、酢を少々入れて30分ほど煮込みました。荒熱をとった後、ザルで煮汁を濾し、砂糖やジュースで味付けして、タッパーやプリンカップに入れ、冷蔵庫で冷やしました。
ゼリーを冷やしている間、職員より海藻についての講義を聞いたり、トコロテン作り体験と試食をしました。また、完成した海藻ゼリーにも参加者たちは舌鼓を打っていました。
参加者から「海藻の森が少なくなっていることを知って、親子で環境問題を考えるきっかけになりました。」「海藻が育つ環境を守るためにできるだけ協力したい。」「海藻から寒天やゼリーを作る工程を教えてもらい大満足です。自宅で作ってみたいです。」といった感想がありました。

 

海のふれあい教室「イカの体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催しました。

2021年2月21日(日)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「イカの体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催いたしました。

14名の皆様が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに海浜自然センターの職員がイカの生態についての講義をした後、スライドを使って解説をしながらイカの解剖を行いました。解剖の途中で、イカの墨袋を取り出し、割り箸の先で画用紙に思い思いの絵を描きました。
解剖が終わった後、イカの身や足を使った調理体験、試食を行いました。「イカの塩コショウ炒め」、「イカのホイル焼き」、「イカわたのホイル焼き」の3つのメニューから選びました。体験学習室内にいい匂いが立ち込め、参加者たちは舌鼓を打っていました。
参加者から「イカを今までじっくり観察することはなかったが、オス・メスの見分け方や内臓のことを知ることができて楽しかった。」「イカの漁獲高が年々少なくなっていることが分かりました。」「漁業にも環境問題が直結(イカの漁獲の減少、漁のときのLEDの使用など)していることがよく分かりました。」といった感想がありました。

 

海のふれあい教室 「ハロウィンナイト 夜の生きものを観察しよう」 を開催しました。

2020年10月24日に海浜自然センターで海のふれあい教室「ハロウィンナイト 夜の海の生きものを観察しよう」を開催いたしました。

普段は夕方5時で閉館ですが、この日はもう真っ暗になった夕方6時に再び開館しました。風もでてきてハロウィンの雰囲気溢れる夜間開館となりました。照明を落とした館内の水槽を見学していきました。夜は砂の中に潜るキュウセン、ホンベラ、昼と夜では泳ぐ様子が違うナマズなどの解説を聞きながら館外を見学していきました。また、クラフト講座も行い、カボチャの灯りのクラフトを作りました。かぼちゃの形の画用紙に目と口を描いてから、小さな黒猫や魔女、貝殻の飾りを付けていきます。みなさんそれぞれ工夫を凝らし、素敵なカボチャの灯りが完成しました。「生きものの夜の様子が分かり楽しかった。」「クラフトもゆっくりと楽しめた。」などの感想が寄せられました。

海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました

2021年2月6日(土)、小浜市仏谷漁港、仏谷ふれあい会館において、海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました。

17名が参加され、小浜市の仏谷漁港に集合しました。
はじめに、仏谷漁港より漁船に乗り、若狭カキを養殖している筏に向かい、カキを収穫する様子を見学しました。その後、漁港内の作業小屋に移動し、カキを養殖ロープから外す作業の見学をし、カキ剥きの体験をしました。
カキ剥きの体験後、仏谷ふれあい会館に移動し、講師の福井県立大学の富永教授から、カキが成長に伴い性転換するなどのカキの生態について、また小浜市海のゆりかごを育む会の大住さんから、カキが育つ環境を守るため、高校生や漁業者、市民が協力してアマモ場再生に取り組んでいることを聞きました。
その後、若狭カキの蒸し牡蠣の試食をし講座を終了しました。
参加者からは「養殖場を見たのは初めてで、興味深く体験させてもらいました。」「カキは普段食べているだけなので、養殖場を見学できてとても勉強になりました。また、漁師さんから直接いろいろな話を聞くことができて大変参考になりました。」「人間の生活にはプラスチックが欠かせない時代で、環境へ大きな影響を与えていますが、カキ養殖にも影響を与えていないか心配です。」といった感想がありました。

三方五湖自然教室「外来魚バスター ブルーギルの捕獲」を開催しました

2020年10月25日(日)、里山里海湖研究所自然観察棟、三方湖において、三方五湖自然教室「外来魚バスター ブルーギルの捕獲」を開催しました。

当日は快晴で格好の野外活動日和となりました。13名が参加され、若狭町の里山里海湖研究所 自然観察棟に集合しました。
はじめにオリエンテーションのあと、講師の福井県立大学海洋生物資源学部の富永修教授より外来生物についての講義がありました。その後、ブルーギル捕獲用の罠が設置してある三方湖岸に移動しました。
そして、前日より三方湖に設置している捕獲用定置網を県立大学の学生さんが引き揚げる様子を鳥浜漁協の船に乗って見学したり、湖岸に設置した罠を引き揚げる作業を体験してもらいました。
今年は例年より三方湖の塩分濃度が高く、定期的に行われている福井県内水面総合センターの捕獲調査でも三方湖でのブルーギルの捕獲数が極端に少ない結果が出ており、当日のブルーギルの捕獲が0尾と講座としては残念な結果となってしまいました。
参加者からは「富永先生のお話がとても興味深かったです。環境のことや生き物のことをバランスよく考えられたらいいなと気づかされました。」「温暖化による海水面(潮位)上昇と三方湖への海水流入の話、ブルーギルとスズキの話など、興味深く聞かせていただきました。」「今回はブルーギルが獲れなかったのが残念でした。」といった感想がありました。

© 2021 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.