福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

年中  一覧

イソヒヨドリ

isohiyodori

  • 全長 26cm
  • 場所 海岸の岩礁地から住宅地
  • 行動 海岸の岩礁地や住宅地などで巣作りをして、周辺で昆虫類などの餌を探す。繁殖期には、美しいさえずりを聞かせてくれる。特に翼を浅く羽ばたかせながら、歌う姿が一見の価値がある。
  • その他 もともとは岩礁地帯に生息する野鳥だったが、最近は内陸部の川の近くやビル街でも見かける。
観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: ツグミ科

カルガモ

karugamo

  • 全長 60cm
  • 場所 海上のいかだや周辺の海面
  • 行動 主に湖沼や河川で観察されることが多いが、世久見湾内には小さな群れがたいてい見られる。
  • その他 福井県で年中見られるカモ類で、繁殖期には都市内の池、水田、河川など、いろいろな水辺で観察できる。
観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: カモ科

カワラヒワ

kawarahiwa

  • 全長 15cm
  • 場所 海岸のマツ林から農耕地
  • 行動 明るい開けた場所の地上や木の上で見られる。キリリコロロ、チョンチョンチョンジューンとよく鳴く。
  • その他 飛んだ時に、翼に黄色い帯が目立つので、区別はやさしい。
観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: アトリ科

クロサギ

kurosagi

  • 全長 63cm
  • 場所 海岸の岩場
  • 行動 岩場で1羽かつがいで見られる。巣は、岩の棚や穴にあり、餌も岩場で魚類やカニなどをとる。
  • その他 黒いサギ類は他にいないので、区別はやさしい。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: サギ科

コゲラ

kogera

  • 全長 15cm
  • 場所 食見海岸のマツ林から周辺の山の林
  • 行動 林の中を移動しながら、木に生息する昆虫類を探して食べる。秋から冬にかけては、シジュウカラなどの群れといっしょにいることが多い。
  • その他 日本で一番小型のキツツキ類である。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: キツツキ科

シジュウカラ

sijukara

  • 全長 15cm
  • 場所 海岸のマツ林から山地の林
  • 行動 秋から冬にかけてはヤマガラなどと共に混群をつくり、林の中を移動しながら、昆虫や木の実を食べる。
  • その他 カラ類の混群はにぎやかなので、よく目立つ。また、警戒心が弱いので、かなり近くで観察できる。前から見ると、胸から腹にかけての黒いネクタイが目立つ。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: シジュウカラ科

スズメ

suzume

  • 全長 15cm
  • 場所 海岸から住宅地や農耕地
  • 行動 明るく開けたところを好むので、海岸、マツ林、農耕地などの地上で出会うことが多い。
  • その他 人工物にしか巣を作れないので、人間が生活している環境でなければいない。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: スズメ科

セグロセキレイ

segurosekirei

  • 全長 21cm
  • 場所 海岸から周辺の道路や住宅地
  • 行動 尾羽を上下にふりながら、水辺を歩いて水生昆虫など探して食べる。国内では普通に見られる鳥であるが、日本固有種である。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: セキレイ科

トビ

tobi

  • 全長 58~68cm
  • 場所 海岸近くの海上、周辺の山、三方五湖周辺など
  • 行動 死んだ魚や動物など、主に動物質の餌を探して食べる。
  • その他 日本全国のほとんどの場所で、最も普通に見られるタカ類である。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: タカ科

ムクドリ

  • 全長 28cm
  • 場所 海岸から山にかけての林
  • 行動 樹木のあるところなら、たいてい見ることができるポピュラーな野鳥で、果肉のある木の実を好む。
  • その他 春と秋の渡りの時期には、数百羽の群れが海上や海岸線を移動していく様子が観察できる。

 

観察できる季節: 年中。 若狭湾の野鳥タグ: ムクドリ科

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.