福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

魚類  一覧

ゴンズイ

gonzui

Plotosusu lineatus
ゴンズイ科 全長20cm

口の周りに8本(4対)のひげを持っています。
ナマズの仲間です。
幼魚は、岩のくぼみなどで群をつくることから、ゴンズイ玉と呼ばれます。
胸びれと背びれに毒とげを持っています。
夜行性なので、夜釣りなどで釣れた時は注意しましょう。

海の生き物分類: 魚類。 観察: , 。 若狭湾生き物タグ: ゴンズイ科, ネクトン, 危険生物,

タツノオトシゴ

otosigo

Hippocampus coronatus
ヨウジウオ科 全長10cm

浅い岩場の海藻の生えているような場所にすんでいる。
尾の部分を海藻などに巻き付けて、小さな胸びれを動かしながら頭が上になるようにバランスをとっている姿がけなげで、かわいら しいです。
でも、海藻とよく似た色をしているため、なかなか見つけることができません。
ぜひ、そっと探してみてください。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: ネクトン, ヨウジウオ科,

メバル

mebaru

Sebastes inermis
フサカサゴ科 全長25cm

名前のとおり、眼のとても大きな魚です。
海藻類の周りにすんでいる小型の甲殻類などを食べています。
秋、海藻類が生長してくるとその周りで、メバルの姿をよくみかけるようになります。
卵は、体の中でふ化して産まれてきます(卵胎生)。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: ネクトン, フサカサゴ科,

カサゴ

kasago

Sebastiscus marmoratus
フサカサゴ科 全長30cm

体色は、個体により変化に富みます。
夜行性。
旬は冬とされていますが、年中おいし~い魚です。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: ネクトン, フサカサゴ科,

ハオコゼ

haokoze

Hypodytes rubripnnis
ハオコゼ科 全長10cm

小さくてかわいらしい魚ですが、背中に毒とげをもっています。
浅瀬の海藻類の下などでじっとしていることが多いので、気をつけましょう。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: ネクトン, ハオコゼ科, 危険生物,

クジメ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Sebastiscus marmoratus
アイナメ科 全長30cm

アイナメより浅い場所を好みます。
アイナメに似ていますが、アイナメより体色は暗色で、小さい白斑をともないます。
海藻の間から、ひょっこり顔出してこちらをうかがっている姿がかわいらしいです

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: アイナメ科, ネクトン,

キヌカジカ

kinukajika

Furcina osimae
カジカ科 全長9cm

岩場の海藻のある浅い所でみられます。
アナハゼに似ていますが、アナハゼほど口先はとがっていません。

海の生き物分類: 魚類。 観察: , 。 若狭湾生き物タグ: カジカ科, ネクトン,

アナハゼ

anahaze

Pseudoblennius percoides
カジカ科 全長21cm

アサヒアナハゼに似るが、アサヒアナハゼより体が細長く、吻は細くとがる。

海の生き物分類: 魚類。 観察: , 。 若狭湾生き物タグ: カジカ科, ネクトン,

キジハタ

kijihata

Epinephelus akaara
ハタ科 全長38cm

体全体にオレンジ色の斑点があり、
背びれ中央に黒斑があります。
食材として人気が高い魚です。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: ネクトン, ハタ科,

マアジ

maaji

Trachurus japonicus
アジ科 全長40cm

若狭湾では夏から秋にかけてよく見られます。

海の生き物分類: 魚類。 観察: 。 若狭湾生き物タグ: アジ科, ネクトン, 砂浜,

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.