福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

透明  一覧

マダコの赤ちゃん誕生。

 2014年11月23日、タッチプールでマダコの卵がふ化しました。
 大きさは約0.2㎝で、小さいながらもしっかりとタコの形をしています。
 顕微鏡で観察すると、大きな眼と色素胞(体の色を変える色素細胞)が確認できます。
 ふ化したばかりのタコは、ふわふわと水中で浮いています。この浮遊生活期間は、約1ヶ月間続きます。

 期間限定の展示となりますので、この機会に皆様もぜひ観察してみてください。

※マダコの赤ちゃん展示は2014年12月3日に終了いたしました。

水槽のカテゴリー: 福井の海にタッチしよう。 水槽のタグ: ふ化, タコ目, マダコ, マダコ科, , 海水魚, 産卵行動, 軟体動物, 透明

めずらしい「スナイロクラゲ」を展示しています。

 2014年10月24日、若狭町世久見で、スナイロクラゲという中型のクラゲが捕れました。
 このクラゲは傘の直径20㎝ですが、大きくなると直径40㎝にもなり、名前は砂の色に似ていることから名付けられましたが、地方によって青い個体は「青団子」と呼ばれ、展示個体はまさにこの「青団子」と呼ばれているような色をしています。
 また、スナイロクラゲは、ミョウバンと塩で漬け込んで加工すると食用になり、中華料理などで使われます。
 日本でスナイロクラゲを飼育展示している水族館は、長期間飼育が難しいため期間限定で展示しているそうです。
 現在、当センター2階のクラゲ水槽にて展示しています。
 めったに見られないクラゲですのでぜひ見にいらしてくださいね。

※2015年1月16日に展示終了いたしました。

20141025-bizenkurage

水槽のカテゴリー: 海中の浮遊者 クラゲ。 水槽のタグ: スナイロクラゲ, ビゼンクラゲ科, 大型, 根口クラゲ目, 透明

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.