福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

産卵行動  一覧

ヌマチチブが産卵しています。

3月3日、ヌマチチブが水槽の仕切り板に産卵しました。 ヌマチチブは、淡水にすむ雑食性のハゼの仲間で、三方五湖にも見られます。

本来は5月~9月に石の裏などに産卵しますが、水槽の水温が温かいのでこの時期に産卵したのでしょう。

卵はオスが守りますがその様子は、川に潜らない限り見ることが出来ません。 ぜひ当センターにご来館のうえ、ヌマチチブの卵を守る貴重な様子をご覧になってみてはいかがでしょうか? 当センター2階の「三方湖水槽」に展示しております。

20150303-numatitibu

水槽のカテゴリー: 三方湖の生きもの。 水槽のタグ: スズキ目, ヌマチチブ, ハゼ科, , 展示中, 淡水魚, 灰色, 産卵行動, 魚類

マダコの赤ちゃん誕生。

 2014年11月23日、タッチプールでマダコの卵がふ化しました。
 大きさは約0.2㎝で、小さいながらもしっかりとタコの形をしています。
 顕微鏡で観察すると、大きな眼と色素胞(体の色を変える色素細胞)が確認できます。
 ふ化したばかりのタコは、ふわふわと水中で浮いています。この浮遊生活期間は、約1ヶ月間続きます。

 期間限定の展示となりますので、この機会に皆様もぜひ観察してみてください。

※マダコの赤ちゃん展示は2014年12月3日に終了いたしました。

水槽のカテゴリー: 福井の海にタッチしよう。 水槽のタグ: ふ化, タコ目, マダコ, マダコ科, , 海水魚, 産卵行動, 軟体動物, 透明

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.