福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

淡水魚  一覧

※参加費は「お一人当たり×人数分」が必要です。

ふしぎな水槽に淡水魚ウナギを展示しています。

去年の9月に試しに海水の水槽であるふしぎな水槽内にウナギを入れてみたところ
海水に順応し、周りの海水魚と何変わりなくくらしています。

ウナギは産卵時期になると日本から2500km離れたマリアナ海溝で産卵し、
稚魚の時に北赤道海流、黒潮に乗って日本にたどり着いて川や湖でくらします。
淡水でも海水でも両方の環境で生活できるのがウナギの面白いところです。

今回ご紹介したウナギは、普段は底の給水用のパイプの中に隠れていますが、
15時ごろの餌やりの時に出てきて、餌のイワシを捕食します。
海水でくらしているウナギはめったに見られないのでぜひ御覧ください。
当センター1階「ふしぎな水槽」コーナーで展示しています。

 

水槽のカテゴリー: ふしぎな水槽。 水槽のタグ: ウナギウナギ科回遊魚展示中成魚淡水魚降河回遊魚魚類

ヌマチチブが産卵しています。

3月3日、ヌマチチブが水槽の仕切り板に産卵しました。 ヌマチチブは、淡水にすむ雑食性のハゼの仲間で、三方五湖にも見られます。

本来は5月~9月に石の裏などに産卵しますが、水槽の水温が温かいのでこの時期に産卵したのでしょう。

卵はオスが守りますがその様子は、川に潜らない限り見ることが出来ません。 ぜひ当センターにご来館のうえ、ヌマチチブの卵を守る貴重な様子をご覧になってみてはいかがでしょうか? 当センター2階の「三方湖水槽」に展示しております。

20150303-numatitibu

水槽のカテゴリー: 三方湖の生きもの。 水槽のタグ: スズキ目ヌマチチブハゼ科展示中淡水魚灰色産卵行動魚類

ふわふわ泳ぐハゼ「ウキゴリ」を展示しています。

 三方五湖の一つである三方湖で捕れた全長9㎝のウキゴリを展示しています。
 ウキゴリは、淡水にすむ肉食性のハゼの仲間です。

 ハゼの仲間の多くは水底にお腹を付けて生活しますが、このウキゴリは水底から離れてふわふわ泳ぐ習性があります。

 この様子から「浮きゴリ(ゴリはハゼのことです)」と呼ばれるようになりました。

 水槽内では、写真のように水槽の上層で、ふわふわ泳ぐ様子を観察することができます。
 当センター2階の「三方湖の生きもの」に展示しておりますので、ぜひご来館ください。

20150320-ukigori

水槽のカテゴリー: 三方湖の生きもの。 水槽のタグ: ウキゴリスズキ目ハゼ科小型展示中成魚淡水魚茶色魚類

大きなキンギョを展示しています。

 全長43cm、重量1.5㎏、2012年5月16日に三方湖で釣られた個体です。
 DNA分析によると、「ギベリオブナ」を祖先に持つことがわかりました。
 このことからお祭りやペットショップなどで見かける金魚を誰かが湖に放したものと考えられます。
 寿命は10~15年と言われていますが、43年生きた金魚もいるそうです(ギネス記録)。

 当センターに来て2年半以上は経ちますが、元気に泳いでおり、大きさと形が周りのギンブナと一緒なため、「普通のフナに色が付いたんじゃないか?」といつも疑ってしまいます。
 ぜひ当センターへご来館のうえ、2階の「三方湖水槽」に展示している
大きな金魚を一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

※2015年5月19日に展示終了いたしました。

20150203-kingyo

水槽のカテゴリー: 三方湖の生きもの。 水槽のタグ: キンギョコイ目コイ科外来生物大型成魚淡水魚赤色魚類

ガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)を展示しています。

 全長約6cm。トルコなど西アジアの川や水温37℃までの温泉にすむ淡水魚です。
 口が吸盤のようになっており、石に付いたコケをなめるように食べます。
 人の皮膚の古い角質をついばみ皮膚病を治すといわれていることから、ドクターの名がついています。

 1月28日から当センター2階の「企画展示室」に展示してあり、水槽に手を入れることができるようになっております。
 ぜひ、ガラ・ルファが手の角質をついばむ、不思議な体験をしてみてはいかがでしょうか?

 とっても気持ちいいですよ!

20150128-garra.rufa120150128-garra.rufa2

水槽のカテゴリー: ドクターフィッシュ足湯。 水槽のタグ: ガラ・ルファコイ目コイ科小型展示中幼魚淡水魚灰色魚類

© 2019 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.