福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

幼魚  一覧

マサバ幼魚の群れを展示しています。

6月4日に若狭町世久見の定置網で全長約5cmのマサバ幼魚の群れが捕れました。

 マサバは、動物プランクトン、小魚など小動物を捕食します。
また、多量に漁獲されるので食卓によく上がる魚です。
 今年は定置網でよく捕れており、マサバの幼魚も捕獲されました。
幼魚を生きたまま捕獲できることは珍しく、今回初めて展示することができました。

 この機会にぜひ間近で展示中のマサバをご覧になられてはいかがでしょうか?
 当センター1階「屋外水槽」にドチザメやマアジなどの魚と一緒に展示しております。
※2015年8月8日に展示終了いたしました。

20150609masaba1

20150609masaba2

水槽のカテゴリー: 屋外水槽。 水槽のタグ: サバ科, スズキ目, マサバ, 回遊魚, 小型, 展示中, 幼魚, 海水魚, 銀色, 魚類

ガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)を展示しています。

 全長約6cm。トルコなど西アジアの川や水温37℃までの温泉にすむ淡水魚です。
 口が吸盤のようになっており、石に付いたコケをなめるように食べます。
 人の皮膚の古い角質をついばみ皮膚病を治すといわれていることから、ドクターの名がついています。

 1月28日から当センター2階の「企画展示室」に展示してあり、水槽に手を入れることができるようになっております。
 ぜひ、ガラ・ルファが手の角質をついばむ、不思議な体験をしてみてはいかがでしょうか?

 とっても気持ちいいですよ!

20150128-garra.rufa120150128-garra.rufa2

水槽のカテゴリー: ドクターフィッシュ足湯。 水槽のタグ: ガラ・ルファ, コイ目, コイ科, 小型, 展示中, 幼魚, 淡水魚, 灰色, 魚類

ホウボウの幼魚を展示しています。

 2014年11月28日、世久見で全長7㎝ホウボウの幼魚が捕れました。

 緑色をしている翼のような胸びれは、鮮やかな青色で縁どられ、
後半部には青白い斑点がいくつもあってとてもきれいです。
 さらに胸びれの一部が脚のようになっていて、海底を方々(ほうぼう)歩き回ることから「ホウボウ」と名付けられたといわれています。
 また、浮き袋を使って「グーグー」と鳴くことができるので、その浮き袋を「鳴き袋」と呼びます。
 ホウボウがチョコチョコと底を歩く姿や、きれいな胸びれを広げて泳ぐ姿を皆様もぜひ観察してみてはいかがでしょうか?

 当センター2階の「若狭湾を彩る小さな生きもの」に展示してあります。

 ※ホウボウの幼魚展示は2015年3月3日に終了いたしました。

20141128-houbou-akatyan

水槽のカテゴリー: 若狭湾を彩る小さな生きもの。 水槽のタグ: カサゴ目, ホウボウ, ホウボウ科, 幼魚, 海水魚, 赤色, 魚類

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.