福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

豊かな生態系を育む海草 アマモ  一覧

ハリセンボンを展示しています。

 昨年末、若狭町世久見の定置網で捕れた個体を展示しています。

 皮ふにウロコが変化した針(トゲ)がたくさんあることから「針千本」といわれますが、
体のトゲは350本程度で、本当に1000本あるわけではありません。
 敵に襲われそうになると、大量の水や空気を吸い込み、体を膨らませてトゲを
立てることで、身を守ります。
 本来は熱帯域に生息していますが、暖かい海流に乗って福井県にもやってきます。
 しかし、水温が低下する冬には繁殖できずに死んでしまう死滅回遊魚の1つです。

 当センター2階の「アマモ水槽」に展示しており、となりの「生きるための適応の水槽」には
同じ仲間のメイタイシガキフグも展示しております。
 ぜひ当センターへご来館のうえ、ハリセンボンとメイタイシガキフグを比較して
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

※展示終了しました。

201501114-harisenbon

 

水槽のカテゴリー: 豊かな生態系を育む海草 アマモ。 水槽のタグ: ハリセンボン, ハリセンボン科, フグ目, 成魚, 死滅回遊魚, 海水魚, 茶色, 魚類

珍しい生き物「ヒナコバン」「ショウワアメフラシ」を展示しています。

 2014年9月16日美浜町沖の定置網にかかっていたヒナコバン(全長18㎝)を譲り受けました。
 頭に小判のような吸盤を持ち、カジキになどの大型魚にくっついて、大型魚の食べかすを餌にします。コバンザメの仲間では最も小さいです。
 また、8月中旬に展示していました珍しいアメフラシの仲間、ショウワアメフラシ(体長15㎝)が9月19日、またもや若狭町沖で捕獲されました。現在、ヒナコバンは2階アマモ水槽に展示しています。なかなか見られない生き物なので、ぜひご覧ください。

※ショウワアメフラシの展示は2014年10月1日に終了いたしました。
※ヒナコバンの展示は2014年10月25日に終了いたしました。

 

水槽のカテゴリー: 福井の海にタッチしよう, 豊かな生態系を育む海草 アマモ。 水槽のタグ: アメフラシ科, コバンザメ科, ショウワアメフラシ, スズキ目, ヒナコバン, 小型, 後鰓目, 成魚, 海水魚, 白色, 茶色, 軟体動物, 魚類

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.