福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

オオバン  一覧

菅湖でオオバン、ヒドリガモのお食事、珍しい冬鳥アメリカヒドリを観察

冬になると、三方五湖にある5つの湖の一つ、菅湖には、カモなどの水鳥が最も多く冬越しにやってきます。
 現在、その菅湖で最も目立っているのは、「オオバン」という水鳥です。 オオバンは潜水が得意で、水中に潜って、「ヒロハノエビモ」という、菅湖や水月湖に一番多く生えている水草を採って食べています。
 また、このオオバンの近くには、たいてい、ヒドリガモなどがうろうろしています。 彼らの目当ては、オオバンが採ってきた水草です。潜れないカモたちにとっては、 オオバンが採ってきた水草の横取りは、手軽に餌にありつくよい方法なのでしょう。
 オオバンとヒドリガモの水草をめぐる争いは、 厳しい自然を生きる彼らの生き様を垣間見ることができます。
 ところで、11月7日には、この群れの中でアメリカヒドリという珍しいカモを見つけました。アメリカヒドリは、名前のとおり、北米大陸から渡ってくる数少ない冬鳥です。
 たくさんのカモたちの中から、こういった珍しい種類を探すことは、カモウォッチングの楽しみです。 冷たい雨が降る11月ですが、オオバンとヒドリガモの水草をめぐる攻防や珍しい冬鳥アメリカヒドリを観察してみてはいかがでしょうか?

観察日記のカテゴリー: 野鳥。 観察日記のタグ: アメリカヒドリ, オオバン, ヒドリガモ, 渡り鳥,

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.