福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

野鳥  一覧

マガンがやって来ました!

マガンが三方五湖周辺に飛来し、1月15日にはマガンが25羽確認されました。三方五湖にマガンが来るのはめったにありません。マガンは警戒心が強いので観察する時は、近づき過ぎない、大声で驚かさないよう気をつけてくださいね。

観察日記のカテゴリー: 動物, 季節の風景, 水辺の生き物, 野鳥。 観察日記のタグ: マガン, , 渡り鳥

ハクチョウがやって来ました!

今シーズンもハクチョウが三方五湖にやって来ました。12月2日にコハクチョウ16、オオハクチョウ1が確認されました。翌3日にはさらにコハクチョウが1羽増えています。この日は新聞で紹介され、天気もよかったことからハクチョウを見に来られた家族もいらっしゃいました。ハクチョウを観察する時は近づき過ぎない、大声で驚かさないよう気をつけてくださいね。

海浜自然センターでは、三方五湖の冬のバードウォッチングとして、
1月27日 久々子湖ぶらりカモ類ウォッチング
2月4日 オジロワシとコハクチョウを観察しよう
を開催します。ぜひご参加ください。

観察日記のカテゴリー: 動物, 水辺の生き物, 野鳥。 観察日記のタグ: ハクチョウ, , 渡り鳥

若狭町田名にコハクチョウ7羽飛来(2016)

 コハクチョウ7羽(成鳥7羽)が、1月19日に、若狭町の鳥浜地区から田名地区にかけて広がる田んぼに飛来しました。
 1月1日から1月18日までは、わずか成鳥2羽の飛来でしたが、寒気の影響でしょうか5羽増えていました。
 7羽は、ふゆみず田んぼで休息したり、二番穂田で二番穂を食べているのが確認出来ました。
  昨年度は、79羽も確認出来ましたので、これからもっと増えるといいですね。

観察日記のカテゴリー: 動物, 季節の風景, 野鳥。 観察日記のタグ: ハクチョウ, , 渡り鳥

若狭町田名にコハクチョウ飛来

 コハクチョウ8羽(成鳥5羽、幼鳥3羽)が、12月19日に、若狭町の鳥浜地区から田名地区にかけて広がる田んぼに、今冬初めて飛来しました。
 先日からの強い寒気で、北日本から南下してきたのでしょう。
 これから寒さが厳しくなるにつれて、より多くのコハクチョウが三方五湖周辺に飛来すると思います。
 また、12月8日から飛来しているオオハクチョウ6羽(成鳥2羽、幼鳥4羽)は、三方湖東部の岸辺のヨシ帯で 水草(特に抽水植物)の根茎を食べたり、湖面で休息して過ごしています。
どちらかというと、オオハクチョウは湖岸の水草帯で、コハクチョウは二番穂のはえた田んぼで 餌を探すことが多いようです。
 翌日の12月20日には、オオハクチョウとコハクチョウの動きに、さらに変化がありました。
 オオハクチョウも鳥浜から田名の田んぼにやってきました。が、4羽いたはずの幼鳥が3羽しかおらず、 何か事故があったのかもしれません。
 一方、コハクチョウは成鳥が2羽増えて7羽になり、合計で10羽になりました。 
しかし、成鳥1羽は 脚が悪くて休んでいることが多く、今後が心配です。 これからハクチョウたちの動きは次々と変化していきます。毎日見ていこうと思います。

観察日記のカテゴリー: 野鳥。 観察日記のタグ: ハクチョウ, , 渡り鳥

若狭町世久見漁港でカモメ類がいました。

 世久見漁港で、カモメの群れを見つけました。
 この日見つけたのは、ウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメというカモメでした。
 防波堤に当たってくだける波の上を、カモメ類が餌を探して群れていました。

観察日記のカテゴリー: 野鳥。 観察日記のタグ: カモメ, , 海鳥

菅湖でオオバン、ヒドリガモのお食事、珍しい冬鳥アメリカヒドリを観察

冬になると、三方五湖にある5つの湖の一つ、菅湖には、カモなどの水鳥が最も多く冬越しにやってきます。
 現在、その菅湖で最も目立っているのは、「オオバン」という水鳥です。 オオバンは潜水が得意で、水中に潜って、「ヒロハノエビモ」という、菅湖や水月湖に一番多く生えている水草を採って食べています。
 また、このオオバンの近くには、たいてい、ヒドリガモなどがうろうろしています。 彼らの目当ては、オオバンが採ってきた水草です。潜れないカモたちにとっては、 オオバンが採ってきた水草の横取りは、手軽に餌にありつくよい方法なのでしょう。
 オオバンとヒドリガモの水草をめぐる争いは、 厳しい自然を生きる彼らの生き様を垣間見ることができます。
 ところで、11月7日には、この群れの中でアメリカヒドリという珍しいカモを見つけました。アメリカヒドリは、名前のとおり、北米大陸から渡ってくる数少ない冬鳥です。
 たくさんのカモたちの中から、こういった珍しい種類を探すことは、カモウォッチングの楽しみです。 冷たい雨が降る11月ですが、オオバンとヒドリガモの水草をめぐる攻防や珍しい冬鳥アメリカヒドリを観察してみてはいかがでしょうか?

観察日記のカテゴリー: 野鳥。 観察日記のタグ: アメリカヒドリ, オオバン, ヒドリガモ, 渡り鳥,

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.