福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

南川  一覧

スナヤツメ

sunayatume

Lethenteron reissneri
ヤツメウナギ科 全長20cm

幼生は泥中の有機物やけい藻類を食べますが、
成魚になると何も食べなくなります。
川の中流~下流域にすみ、一生を淡水で生活しています。

魚分類: 無顎類。 三方五湖の魚タグ: ヤツメウナギ科, 三方湖, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 環境省絶滅危惧Ⅱ類

サケ

sake

Oncorhynchus keta
サケ科 全長65cm

11月ごろ、ふるさとをめざし、海から三方五湖を経由し、
川へと上り、中流域で産卵します。
稚魚は川を下って三方五湖で育ってから4~5月ごろ海に行きます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: サケ科, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 遡河回遊魚

アマゴ

amago

Oncorhynchus masou ishikawae
サケ科 全長25cm

川の上流域にすみます。
ヤマメに似ていますが体に赤い斑点があるのが特徴です。
福井県にはもともといなかった魚です。
アマゴが海に下るとサツキマスという魚になります。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: サケ科, 上流~中流, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 環境省準絶滅危惧, 遡河回遊魚

ウロハゼ

urohaze

Glossogobius olivaceus
ハゼ科 全長20cm

汽水域を好みます。
マハゼに似ていますがウロハゼは下あごが出ていて
ウロコが大きいことからマハゼと見分けられます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 九頭竜川水系, 南川

シロウオ

sirouo

Leucopsarion petersii
ハゼ科 全長5cm

塩分がやや低い沿岸にすみ、
春になると河口で産卵し、
産卵したあと一年間の短い一生を終えます。
小浜市南川でとれる「イサザ」とはこの魚のことです。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 北川, 北潟湖, 南川, 年魚, 遡河回遊魚

チチブ

cicibu

Tridentiger obscurus
ハゼ科 全長 8cm

汽水域を主に好みます。
ヌマチチブとよく似ていますが胸びれの
根元にある複数のオレンジ線がないことと、
第一背びれの棘条が糸のように
伸びていることで見分けられます。
 

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 九頭竜川水系, 南川, 汽水域

カマキリ(アユカケ)

kamakiri

Cottus kazika
カジカ科 全長20cm

えらぶたにあるとげでアユを引っかけて食べるので「アユカケ」と呼ばれますが、実際そのように食べるのは観察されたことがないそうです。
九頭竜川にいる「アラレガコ」とはこの魚のことです。
三方五湖周辺では「サンドロマン」と呼ばれることもあります。
 

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: カジカ科, 中流~汽水域, 九頭竜川水系, 南川, 環境省絶滅危惧Ⅱ類, 降河回遊魚

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.