福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

北潟湖  一覧

カワヤツメ

kawayatume

Lethenteron japonicum
ヤツメウナギ科 全長50cm

幼生は河川の有機物などを食べ、
海中生活時の若魚は他魚の血を吸い成長し、
成魚になると産卵のため川に上り、何も食べなくなります。

魚分類: 無顎類。 三方五湖の魚タグ: ヤツメウナギ科, 三方湖, 九頭竜川水系, 北潟湖, 環境省絶滅危惧Ⅱ類, 遡河回遊魚

ウナギ

unagi

Anguilla japonica
ウナギ科 全長100cm

非常になじみ深い魚ですが、
グアム沖で産卵するのが分かったのは最近のことで、謎の多い魚です。
昼間は障害物に隠れ、夜になるとエサを求めて活動します。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ウナギ科, 三方湖, 中流~下流, 北潟湖, 湖沼, 環境省絶滅危惧ⅠB類, 県下一円の河川, 降河回遊魚

ワカサギ

wakasagi

Hypomesus nipponensis
キュウリウオ科 全長14cm

アユやサケに近い仲間で背びれの後ろに
脂びれがあることが特徴です。
天ぷらなどにすると大変美味しい魚です。
もともと汽水の魚ですが淡水でもすむことができるので
淡水湖に移植されることがあります。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: キュウリウオ科, 三方五湖, 北潟湖, 湖沼, 遡河回遊魚

ゲンゴロウブナ

gengorobuna

Carassius cuvieri
コイ科 全長40㎝

もともと琵琶湖にすんでいたフナです。
体高が高く、「ヘラブナ」とも呼ばれます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ため池, コイ科, ダム湖, 三方五湖, 北潟湖, 国内外来生物

タモロコ

tamoroko

Gnathopogon elongates elongates
コイ科 全長10cm

三方五湖にすむタモロコはほかの地域に比べて体が細長く、
口が上向きであるなど独特の姿をしています。
三方五湖周辺では「モロコ」と呼ばれます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 三方五湖, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 北潟湖

マハゼ

mahaze

Acanthogobius flavimanus
ハゼ科 全長25cm

汽水域を好みますが、淡水域でも見られることがあります。
ゴカイ類や甲殻類などを食べています。
ハゼ釣りの対象魚で、天ぷらなどにすると美味しいです。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 北潟湖, 年魚, 県下一円の河川

アシシロハゼ

asisirohaze

Acanthogobius lactipes
ハゼ科 全長9cm

汽水域を好みます。
マハゼによく似ていますが
マハゼより小型で顔が小さく、
体に白または灰色の横しまが
数本あることで見分けられます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 九頭竜川水系, 北潟湖

シロウオ

sirouo

Leucopsarion petersii
ハゼ科 全長5cm

塩分がやや低い沿岸にすみ、
春になると河口で産卵し、
産卵したあと一年間の短い一生を終えます。
小浜市南川でとれる「イサザ」とはこの魚のことです。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 北川, 北潟湖, 南川, 年魚, 遡河回遊魚

ゴクラクハゼ

gokurakuhaze

Rhinogobius giurinus
ハゼ科 全長8cm

川の下流~汽水域の砂底にすみます。
水生昆虫、付着藻類などを食べます。
体に青く光る小さな斑点があるのが特徴です。
 

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 両側回遊魚, 北潟湖, 県下一円の河川

トウヨシノボリ

toyosinobori

Rhinogobius sp. OR
ハゼ科 全長7cm

川の上流~下流域、湖沼、用水路まで広く分布しており、
三方五湖で最も数多くいるヨシノボリ類です。
尾びれの付け根にオレンジ斑があるのが特徴です。
 

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方湖, 上流~下流, 両側回遊魚, 九頭竜川水系, 北潟湖, 菅湖

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.