福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

九頭竜川水系  一覧

スナヤツメ

sunayatume

Lethenteron reissneri
ヤツメウナギ科 全長20cm

幼生は泥中の有機物やけい藻類を食べますが、
成魚になると何も食べなくなります。
川の中流~下流域にすみ、一生を淡水で生活しています。

魚分類: 無顎類。 三方五湖の魚タグ: ヤツメウナギ科, 三方湖, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 環境省絶滅危惧Ⅱ類

カワヤツメ

kawayatume

Lethenteron japonicum
ヤツメウナギ科 全長50cm

幼生は河川の有機物などを食べ、
海中生活時の若魚は他魚の血を吸い成長し、
成魚になると産卵のため川に上り、何も食べなくなります。

魚分類: 無顎類。 三方五湖の魚タグ: ヤツメウナギ科, 三方湖, 九頭竜川水系, 北潟湖, 環境省絶滅危惧Ⅱ類, 遡河回遊魚

サケ

sake

Oncorhynchus keta
サケ科 全長65cm

11月ごろ、ふるさとをめざし、海から三方五湖を経由し、
川へと上り、中流域で産卵します。
稚魚は川を下って三方五湖で育ってから4~5月ごろ海に行きます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: サケ科, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 遡河回遊魚

アマゴ

amago

Oncorhynchus masou ishikawae
サケ科 全長25cm

川の上流域にすみます。
ヤマメに似ていますが体に赤い斑点があるのが特徴です。
福井県にはもともといなかった魚です。
アマゴが海に下るとサツキマスという魚になります。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: サケ科, 上流~中流, 九頭竜川水系, 北川, 南川, 環境省準絶滅危惧, 遡河回遊魚

ヤリタナゴ

yaritanago

Tanakia lanceolata
コイ科 全長10㎝

平べったい体が特徴で、イシガイなどの
二枚貝の中に卵を産みます。
三方五湖周辺では「ペッタン」と呼ばれています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 三方五湖, 九頭竜川水系, 湖沼, 環境省準絶滅危惧

モツゴ

motugo

Pseudorasbora parva
コイ科 全長8cm

タモロコに似ていますがタモロコより頭が細く、
うけ口になっています。
三方五湖周辺では「ツチモロコ」と呼ばれています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 湖沼

タモロコ

tamoroko

Gnathopogon elongates elongates
コイ科 全長10cm

三方五湖にすむタモロコはほかの地域に比べて体が細長く、
口が上向きであるなど独特の姿をしています。
三方五湖周辺では「モロコ」と呼ばれます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 三方五湖, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 北潟湖

ホトケドジョウ

hotokedojo

Lefua echigonia
ドジョウ科 全長6cm

わき水のある湿地にすみます。
イモムシのように太く短い体と8本の口ひげが特徴です。
近年では開発などにより生息場所が少なくなっています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ドジョウ科, 三方湖流入河川, 九頭竜川水系, 環境省絶滅危惧ⅠB類

オオクチバス

okucibasu

Micropterus salmoides
サンフィッシュ科 全長50cm

多くの小魚やエビを食べ、さらに繁殖力が
強いことから全国で問題になっています。
「ブラックバス」とも呼ばれます。
外来生物法で特定外来生物に指定されており、
移動、飼育が禁止されています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ため池, サンフィッシュ科, 三方五湖, 九頭竜川水系, 湖沼, 特定外来生物

カワアナゴ

kawaanago

Eleotris oxycephala
カワアナゴ科 全長25cm

汽水域を好み、魚などを食べます。
白黒のツートンカラーの体が特徴です。
太平洋側に分布していますが、近年日本海側でも発見され、
三方五湖にも発見されています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: カワアナゴ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 九頭竜川水系

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.