福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

三方五湖  一覧

ワカサギ

wakasagi

Hypomesus nipponensis
キュウリウオ科 全長14cm

アユやサケに近い仲間で背びれの後ろに
脂びれがあることが特徴です。
天ぷらなどにすると大変美味しい魚です。
もともと汽水の魚ですが淡水でもすむことができるので
淡水湖に移植されることがあります。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: キュウリウオ科, 三方五湖, 北潟湖, 湖沼, 遡河回遊魚

シラウオ

sirauo

Salangichthys microdon
シラウオ科 全長10cm

生きているときは透明ですが、
死ぬと乳白色に変わるので「白魚(しらうお)」と呼びます。
サケ、アユに近い仲間の魚です。
砂に産卵したあと一年間の短い一生を終えます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: シラウオ科, 三方五湖, 年魚, 汽水域

ゲンゴロウブナ

gengorobuna

Carassius cuvieri
コイ科 全長40㎝

もともと琵琶湖にすんでいたフナです。
体高が高く、「ヘラブナ」とも呼ばれます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ため池, コイ科, ダム湖, 三方五湖, 北潟湖, 国内外来生物

ヤリタナゴ

yaritanago

Tanakia lanceolata
コイ科 全長10㎝

平べったい体が特徴で、イシガイなどの
二枚貝の中に卵を産みます。
三方五湖周辺では「ペッタン」と呼ばれています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 三方五湖, 九頭竜川水系, 湖沼, 環境省準絶滅危惧

タモロコ

tamoroko

Gnathopogon elongates elongates
コイ科 全長10cm

三方五湖にすむタモロコはほかの地域に比べて体が細長く、
口が上向きであるなど独特の姿をしています。
三方五湖周辺では「モロコ」と呼ばれます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: コイ科, 三方五湖, 中流~下流, 九頭竜川水系, 北川, 北潟湖

スズキ

suzuki

Lateolabrax japonicus
スズキ科 全長100cm

海水魚ですが川の下流域まで
入ってくることがあります。
コッパ、ハクラ、セイゴ、フッコ、スズキと
成長するにつれて名前が変わる出世魚です。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: スズキ科, 三方五湖, 中流~汽水域, 県下一円の河川

オオクチバス

okucibasu

Micropterus salmoides
サンフィッシュ科 全長50cm

多くの小魚やエビを食べ、さらに繁殖力が
強いことから全国で問題になっています。
「ブラックバス」とも呼ばれます。
外来生物法で特定外来生物に指定されており、
移動、飼育が禁止されています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ため池, サンフィッシュ科, 三方五湖, 九頭竜川水系, 湖沼, 特定外来生物

ブルーギル

burugiru

Lepomis macrochirus
サンフィッシュ科 全長25cm

ブルーギルとは「青いえら」という意味で、
実際にえらぶたに黒青色のふちどりがあります。
オオクチバス同様小動物や水草などを食べ、
さらに繁殖力が強いことから全国で問題になっています。
外来生物法で特定外来生物に指定されており、
移動、飼育が禁止されています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ため池, サンフィッシュ科, 三方五湖, 湖沼, 特定外来生物

カワアナゴ

kawaanago

Eleotris oxycephala
カワアナゴ科 全長25cm

汽水域を好み、魚などを食べます。
白黒のツートンカラーの体が特徴です。
太平洋側に分布していますが、近年日本海側でも発見され、
三方五湖にも発見されています。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: カワアナゴ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 九頭竜川水系

ウロハゼ

urohaze

Glossogobius olivaceus
ハゼ科 全長20cm

汽水域を好みます。
マハゼに似ていますがウロハゼは下あごが出ていて
ウロコが大きいことからマハゼと見分けられます。

魚分類: 魚類。 三方五湖の魚タグ: ハゼ科, 三方五湖, 下流~汽水域, 九頭竜川水系, 南川

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.