福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

海のふれあい講座  一覧

※参加費は「お一人当たり×人数分」が必要です。

海のふれあい教室「海藻の体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催しました。

2021年3月6日(土)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「海藻の体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催いたしました。

17名の皆様が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに講師の大島漁業協同組合女性部の子末部長より海藻ゼリーの作り方の説明があり、早速海藻ゼリー作りをはじめました。材料のテングサを鍋で煮込み、酢を少々入れて30分ほど煮込みました。荒熱をとった後、ザルで煮汁を濾し、砂糖やジュースで味付けして、タッパーやプリンカップに入れ、冷蔵庫で冷やしました。
ゼリーを冷やしている間、職員より海藻についての講義を聞いたり、トコロテン作り体験と試食をしました。また、完成した海藻ゼリーにも参加者たちは舌鼓を打っていました。
参加者から「海藻の森が少なくなっていることを知って、親子で環境問題を考えるきっかけになりました。」「海藻が育つ環境を守るためにできるだけ協力したい。」「海藻から寒天やゼリーを作る工程を教えてもらい大満足です。自宅で作ってみたいです。」といった感想がありました。

 

イベレポカテゴリー: 令和2年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい講座

海のふれあい教室「イカの体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催しました。

2021年2月21日(日)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「イカの体のしくみを知っておいしく食べよう」を開催いたしました。

14名の皆様が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに海浜自然センターの職員がイカの生態についての講義をした後、スライドを使って解説をしながらイカの解剖を行いました。解剖の途中で、イカの墨袋を取り出し、割り箸の先で画用紙に思い思いの絵を描きました。
解剖が終わった後、イカの身や足を使った調理体験、試食を行いました。「イカの塩コショウ炒め」、「イカのホイル焼き」、「イカわたのホイル焼き」の3つのメニューから選びました。体験学習室内にいい匂いが立ち込め、参加者たちは舌鼓を打っていました。
参加者から「イカを今までじっくり観察することはなかったが、オス・メスの見分け方や内臓のことを知ることができて楽しかった。」「イカの漁獲高が年々少なくなっていることが分かりました。」「漁業にも環境問題が直結(イカの漁獲の減少、漁のときのLEDの使用など)していることがよく分かりました。」といった感想がありました。

 

イベレポカテゴリー: 令和2年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい講座

海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました

2021年2月6日(土)、小浜市仏谷漁港、仏谷ふれあい会館において、海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました。

17名が参加され、小浜市の仏谷漁港に集合しました。
はじめに、仏谷漁港より漁船に乗り、若狭カキを養殖している筏に向かい、カキを収穫する様子を見学しました。その後、漁港内の作業小屋に移動し、カキを養殖ロープから外す作業の見学をし、カキ剥きの体験をしました。
カキ剥きの体験後、仏谷ふれあい会館に移動し、講師の福井県立大学の富永教授から、カキが成長に伴い性転換するなどのカキの生態について、また小浜市海のゆりかごを育む会の大住さんから、カキが育つ環境を守るため、高校生や漁業者、市民が協力してアマモ場再生に取り組んでいることを聞きました。
その後、若狭カキの蒸し牡蠣の試食をし講座を終了しました。
参加者からは「養殖場を見たのは初めてで、興味深く体験させてもらいました。」「カキは普段食べているだけなので、養殖場を見学できてとても勉強になりました。また、漁師さんから直接いろいろな話を聞くことができて大変参考になりました。」「人間の生活にはプラスチックが欠かせない時代で、環境へ大きな影響を与えていますが、カキ養殖にも影響を与えていないか心配です。」といった感想がありました。

イベレポカテゴリー: 令和2年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい講座

海のふれあい教室「じゃこ天を作ってみよう」を開催しました

2020年12月20日(日)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「じゃこ天を作ってみよう」を開催しました。

11名が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに海浜自然センターの職員よりじゃこ天の材料に使う魚のエソについて説明をし、その後講師の大島漁業協同組合女性部長の子末さんより、じゃこ天の作り方についてお話をしていただきました。
調理体験では、じゃこ天の材料のエソのすり身に紅しょうがやコーンなどの具を混ぜ、思うままの形に成型してもらい、油で揚げました。その後、参加者が自ら作ったじゃこ天を試食してもらいました。普段はスーパーなどで購入しているじゃこ天(魚のすり身揚げ)を作ったり、普段触ることない魚のすり身を触ったりなど、参加者にとっては貴重な経験となりました。
参加者からは「油で揚げるところが楽しかったです。」、「じゃこ天作りは初めての経験で、とても楽しかったです。子どもたちが楽しめてよかったです。」「子どもたちとわいわい言いながら学んで、料理もして、試食して美味しさを実感して、とても貴重な経験ができました。」といった感想がありました。

イベレポカテゴリー: 令和2年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい講座

海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました

2020年2月8日(土)、小浜市仏谷漁港、仏谷集落センターにおいて、海のふれあい教室「漁業に挑戦しよう!若狭カキ」を開催しました。

27名が参加され、小浜市の仏谷漁港に集合しました。
はじめに、仏谷漁港より漁船に乗り、若狭カキを養殖している筏に向かい、カキを収穫する様子を見学しました。その後、漁港内の作業小屋に移動し、収穫したカキの洗浄や養殖ロープから外す作業の見学をし、カキ剥きの体験をしました。
カキ剥きの体験後、仏谷集落センターに移動し、講師の福井県立大学の富永教授から、小浜湾の湧き水がカキにとって栄養豊富な環境を作り出していること、また小浜市海のゆりかごを育む会の大住さんから、カキが育つ環境を守るため、高校生や漁業者、市民が協力してアマモ場再生に取り組んでいる話を聞きました。
その後、若狭カキの蒸し牡蠣の試食をし講座を終了しました。
参加者からは「ふだんはなかなか見ることのできないカキの養殖を見ることができて勉強になりました。山や川の環境が海の生きものたちの成長に大きく関係しているという話が面白かったです。」「カキ殻で海底の土壌を改善できるという話がすごいと思いました。」「カキの成育から漁のことまで詳しく解説していただいて楽しめました。」といった感想がありました。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい講座

© 2021 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.