福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

指導者養成講座  一覧

スノーケリング指導者養成講座「指導者基礎講習」を開催しました。

2018年6月30日(土)、スノーケリング指導者養成講座「指導者基礎講習」を開催しました。今年度も福井の海に親しむ会の前田和代先生と渡邉幸太先生に来ていただき、講義と実習を行いました。

午前中はスノーケリングとはどういうものか、リーダー・サブリーダーの役割、インタープリターとは何か、講座の流れについて講義を行い、食見海岸の陸上で動植物の観察を行いながら生きものの興味・関心を持つポイントや伝え方について実習を行いました。午後は伝え合うゲームを行なった後、スノーケル器材の使い方や指導上のポイントについて実習を行い、食見海岸でウエットスーツの浮力の役割やスノーケルクリアの方法を学び、プールでフィンの違いを学びました。

7月からスノーケリング講座が本格的に始まります。スノーケリング参加者に安全に海での活動を楽しんでもらえるよう、指導者のみなさんは講座に参加することでスキルアップを行なっています。今年度の指導者養成講座はこれで終了ですが、来年度も企画していますので、指導者を目指す方はぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 平成30年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

スノーケリング指導者養成講座「自然観察法講習」を開催しました。

2018年6月23・24日(土・日)、スノーケリング指導者養成講座「自然観察法講習」を開催しました。今年度はオーシャンファミリー海洋自然体験センターの海野義明先生に来ていただき、講義と実習を行いました。

23日午前はベントス(底生生物)について講義をしていただき、センターの前浜から海に入り、観察を始めました。特に潜堤にはたくさんの生きものが見られ、参加したスノーケリング指導者のみなさんはスノーケリング講座で参加者にどう教えるかイメージしながら観察を行いました。午後は船で烏辺島へ渡り、食見海岸との違いを感じながら観察を行いました。センターへ戻ってから観察できた生きものについて海野先生から詳しく解説をしていただきました。その後国立若狭湾青少年自然の家へ移動し、夜の講義は昨年自然体験講座の研修に参加した方の報告と海野先生の自然体験活動で心がけていることなどをお話しいただきました。24日は食見海岸の磯で観察を行いました。2日間様々な場所で観察を行い、生きものの名前だけでなく特徴や観察のポイントなど多くのことを学びました。7月から始まるスノーケリング教室で役立てると思いますので、スノーケリング教室の参加者のみなさんはお楽しみに!

観察できた生きものの一部

イベレポカテゴリー: 平成30年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

スノーケリング指導者養成講座「常神スノーケリング講習」を開催しました。

2017年7月8日(土)、海浜自然センターと常神で、スノーケリング指導者養成講座「常神スノーケリング講習」を開催しました。

今回は8月6日・9月3日に行われる「経験者におすすめ!三方海域公園スノーケリングを楽しもう」の講座の前に、常神でスノーケリングを指導することにポイントを絞り、講習を行いました。

講師の方に常神での観察ポイントや注意点を中心に講義を行っていただき、船で常神へ移動しました。2グループに分かれてリーダー・サブリーダーの役割分担を決め、実際にスノーケリングを行うコースや観察ポイントの確認を行いました。特に常神は洞窟があることから、監視体制や注意点について検討しました。海浜自然センターへ戻ってからは観察できた生きものを付箋に書き、地図に貼って観察ポイントや種類について情報共有を行いました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

スノーケリング指導者養成講座「救急法・安全管理講習」を開催しました。

2017年6月24・25日(土・日)、スノーケリング指導者養成講座「救急法・安全管理講習」を開催しました。

24日は三方消防署で普通救命講習を受講しました。胸骨圧迫やAEDの使い方等ほとんどの方は毎年受講していますが、もう一度初心に戻ってしっかり話を聞き、実習を行いました。その後三方青年の家で夕食後、安全管理マニュアルについての解説を行いました。さらに海の生きものについての知識を深める講座として、福井県を代表する海の幸、越前がにについて水産研究・教育機構の山本研究員に講義をしていただきました。

25日は安全管理講習として、東京海洋大学教授の千足先生に講義と実習をしていただきました。重大事故事例やヒヤリハット事例をいくつか紹介していただき、どういう点が問題であったか、どうすれば防ぐことができたかを考えました。その後ウエットスーツに着替えて陸上で溺者の救助や曳行方法を練習し、海に入りました。フィンキックや道具無しでの曳行等、ステップアップしながら少しずつレベルを上げた練習を行いました。午後からはレスキューチューブを使った救助や救護船への引き上げ方法も練習し、最後は3人組で役割を変えながら溺者の救出訓練を行いました。

今回の講座で、もしものための知識・技術を習得しましたので、参加者指導者として自信を持ってスノーケリング指導を行うことができます。今後もスノーケリング講座を安全に行うことができるような取組を進めていきます。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

スノーケリング指導者養成講座「烏辺島スノーケリング講習」を開催しました。

2017年6月18日(日)、海浜自然センターと烏辺島で、スノーケリング指導者養成講座「烏辺島スノーケリング講習」を開催しました。

今回は7月16日・8月26日に行われる「経験者におすすめ!三方海域公園スノーケリングを楽しもう」の講座の前に、烏辺島でスノーケリングを指導することにポイントを絞り、講習を行いました。

午前中は講師の方にリーダーの危機管理や海域公園スノーケリングでのリーダーに必要な知識、烏辺島での観察について講義を行っていただきました。午後は船で烏辺島へ移動し、2グループに分かれてリーダー・サブリーダーの役割分担を決め、実際にスノーケリングを行うコースの確認を行いました。海浜自然センターへ戻ってきたら観察できた生きものを付箋に書き、地図に貼って観察ポイントや種類について情報共有を行いました。

海浜自然センターでは7月16日・8月26日に烏辺島で行われる「経験者におすすめ!三方海域公園スノーケリングを楽しもう」の参加者を募集しています。申込みはお早めに!

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

スノーケリング指導者養成講座「指導者基礎講習」を開催しました。

2017年6月17日(土)、海浜自然センターと食見海岸で、スノーケリング指導者養成講座「指導者基礎講習」を開催しました。

今年度4回行うスノーケリング指導者養成講座の1回目、今回はスノーケリング指導未経験の方を対象に指導の基礎を伝授することにポイントを絞り、講習を行いました。

午前中はアイスブレーキングの後、スノーケリングの定義や器材、指導者の役割について講義を行いました。また、ゲームをとおして指導方法や指導技術について伝えることの難しさや楽しさを味わいながら学ぶことができました。

午後はスノーケリングのリーダー・サブリーダーの役割分担の確認と実習で器材の使い方の確認を行いました。その後各場面を想定し、今回の参加者がリーダー・サブリーダーとなって模擬指導を行い、伝えるコツをつかみました。

今回の講習で新たなスノーケリング指導者が誕生しました。この夏のスノーケリング教室でデビューし、活躍することに期待したいですね。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 指導者養成講座

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.