福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

外来種  一覧

三方五湖自然教室「外来種バスター(6/11)」を開催しました

2017年6月11日(日)、三方湖畔で、今年度2回目となる三方五湖自然教室「外来種バスター~湖の侵入者捕獲と解剖~」を開催しました。
センター職員から、外来生物を捕まえる時の注意事項を聞いた後は・・・三方湖畔へ移動。駆除をするかご網を引き上げます。どの家族もかごに入っていたウシガエルやミシシッピアカミミガメの大きさに驚いていました。ウシガエルはこの場で駆除します。外来種だけでなく、ナマズやテナガエビ、モクズガニといった在来種も確認できました。
捕獲した生きものの解説を聞いた後は、なごや生物多様性センターの野呂先生にカメについてお話をしていただきました。カメの甲羅は骨であること、動物だけでなく、ヨシやヒシ等水草もたくさん食べること、今回捕獲したミシシッピアカミミガメ以外にもたくさんのカメの外来種が日本で確認されていること等分かりやすく教えていただきました。
最後にウシガエルの解剖です。肝臓や胃、腸などの内臓や筋肉といった各器官の観察を行い、胃の中を見てみると・・・テナガエビやクロベンケイガニ、バッタ類等が出てきました。さらにはカエルが4匹出てきて、ウシガエルがいかに大食いであるか、生態系に与える影響が大きいかを感じることができました。
参加者からは「生きものを飼うときは後のことを十分考える必要がある」「子どもだけでなく、大人もいい勉強になった」といった声がありました。生態系について考えるいい機会になりました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 外来種

三方五湖自然教室「外来種バスター(5/28)」を開催しました

2017年5月28日(日)、三方湖畔で、三方五湖自然教室「外来種バスター~湖の侵入者捕獲と解剖~」を開催しました。
前日の夜は雨が降り、肌寒い朝となりましたが、講座が始まる頃には、とっても気持ちの良いお天気になりました!

講師には、三方湖でオオクチバスやブルーギルなどの外来魚の生態や駆除方法について研究をされている、福井県立大学の富永先生にお越しいただき、外来生物や外来生物が与える影響について、分かりやすく教えていただきました。

センター職員から、外来生物を捕まえる時の注意事項を聞いた後は・・・三方湖畔へ移動。駆除をするかご網を引き上げます。何が入っているかな?

かご網には、外来生物のウシガエル・ミシシッピアカミミガメ、在来生物のナマズ・テナガエビが入っていました。
ウシガエルの解剖では、メスのお腹にはたくさんの卵が入っている様子や、小魚やカニ、シジミ等を食べていることを確認しました。参加された方々からは、「学校でもなかなか経験できない体験ですね。」といった声が聞かれました。

最後に、外来生物は自分で日本や三方湖にやって来たのではなく、人間が連れてきたもの。三方湖の自然環境を守るために駆除は必要ですが、外来生物が悪者というわけではありせん。そこに住んでいない生き物を連れてきたらどうなるのかな?私達は、責任を持って行動しないといけません。

 

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 外来種

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.