福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

スノーケリング  一覧

スノーケリング自然教室「経験者におすすめ!海域公園スノーケリングを楽しもう(7月6日)」を開催しました。

2019年7月6日(日)、海浜自然センター、烏辺島にてスノーケリング自然教室「経験者におすすめ!海域公園スノーケリングを楽しもう」を開催いたしました。

今年度最初のスノーケリング教室。当初は常神へ行く予定でしたが、波の影響を考慮して急遽烏辺島へ行くことにしました。

講師は経験豊富なスノーケリングリーダー、参加者もスノーケリング経験者ということもあり、スムーズに準備が進み、センターから船で烏辺島へ。到着後、桟橋の左右にわかれてスノーケリングを始めました。約1時間泳ぎながら生きものの観察を行い、昼食休憩後はそれぞれ反対側で再度生きもの観察。様々な種類のウミウシやタカノハダイ、オハグロベラ、ドチザメ、ウミシダ、ムツサンゴなどを観察できました。あっという間に終了時間となり、船でセンター戻って片付け・着替えの後、振り返りをして終了となりました。「普段見られない生きものがたくさん見られた、毎回新しい発見がある」といった感想や、「スノーケリングをとおしてプラスチックゴミも見られ、海洋汚染問題について考えたい、私たちの手で地球を守っていきたい」といった感想も寄せられました。

海浜自然センターではスノーケリング経験者を対象に、「海域公園クリーンアップ(9月14日)」を開催します。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

スノーケリング自然教室「みんなで環境美化!海域公園クリーンアップ」を開催しました。

2019年6月15日(土)、食見海岸にて、スノーケリング自然教室「みんなで環境美化!海域公園クリーンアップ」を開催いたしました。

毎年スノーケリングシーズン前に海中や海岸のゴミ(漂着物)を回収し、海岸をきれいにする講座を行いました。
当日は梅雨の嵐が来る前で、午前中に食見海岸の活動のみ行ないました。参加者はスノーケリング指導者や経験のある方ばかり。バディを組み、準備を行なって磯場から活動開始。スノーケリングしながらゴミを見つけ、回収したらまた探すを繰り返します。一方、陸上ではセンター職員や救護員が打ち上げられたゴミを回収したり、海中で活動している方からゴミを受け取ったりしました。続いて前浜へ移動。海中に沈んだパラソルの土台を引き上げ、砂を出していくとマダコが出てきたり、海中を泳ぐエイの姿に感動したりと、楽しみながら活動を進めました。ゴミの多くはプラスチックで、多少変形しても分解はされません。また、釣り糸や針などここにすんでいる生きものや海を楽しむ人にも影響を与えるようなゴミも回収されました。
これで少しは海岸がきれいになったかなと思いますが、ゴミの多くは人間の生活に関係していて、ゴミをできるだけ捨てない、減らすように工夫する、捨てるときはゴミ箱に確実に捨てるなど意識を少し変えるだけで海岸はきれいになります。スノーケリング自然教室に参加してくださる方にもこうした海の環境について学んでもらいたいと思います。

イベレポカテゴリー: 令和元年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

「ウエットスーツを着て磯の生き物を観察しよう」を開催しました。

2017年7月23日(日)と8月19日(土)に、坂井市三国町田の尻海岸で、「ウエットスーツを着て磯の生き物を観察しよう」を開催しました。

両日とも、お天気がとても心配されましたが、楽しく開催することが出来ました。

7月23日(日)は、越前加賀自然公園指導員の八十嶋彰雄先生にお越しいただき、優しく丁寧に、海の生き物を観察する方法をご指導いただきました。

8月19日(土)は、ナンシーネイチャースクールの松田泰明先生にお越しいただき、漁師さん目線から見た海の生き物のお話や、地元の人しか知らない磯の生き物の食べ方などを楽しく教えていただきました。

田の尻海岸は、波食棚という地形が面白い他、活動場所が広くて、海藻や生き物がたくさん観察出来るとても楽しい場所です。始めは、怖がっていた参加者の方も、講座が終わる頃には、岩を掴んで体を安定させながら生き物を観察されていたのがとても印象に残りました。

「1回目が楽しかったから、2回目も参加しました!」とお話してくださった方もいらっしゃいました。

福井県には、田の尻海岸にように、楽しくて大切にしていきたい海辺がたくさんあることを、これからもみなさんと一緒に体験していきたいなと思いました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

「経験者におすすめ!海域公園スノーケリング(烏辺島) 」を開催しました。

2017年7月16日(日)と8月26日(土)に、「経験者におすすめ!海域公園スノーケリングを楽しもう(烏辺島)」を開催しました。

どちらも、福井県外から参加してくださった方が半数以上を占め、みなさん、遠くから三方海域公園でのスノーケリングを楽しみに集まってくださり、ありがとうございました。

鳥辺島では、カゴカキダイやソラスズメダイ、ウミウシ、タツノオトシゴなど、普段なかなか見られないカラフルな生き物を見つけると、「アー!」とか「ンー!」という嬉しい悲鳴がスノーケルを通してあちこちから聞こえて来ました!

また、「リーダーの方の説明が楽しかった!」とか、「丁寧な指導で安心してスノーケリングが楽しめました!」との感想をいただき、リーダーのみなさんとスノーケリング講座を企画出来ることを大変心強く感じました。

来年も、みなさんに福井の海を満喫していただけるような講座を企画しますので、ぜひご参加くださいね!

 

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

「ナイトアクアリウム 夜の生き物を観察しよう」を開催しました。

2017年7月28日(金)と8月4日(金)に、「ナイトアクアリウム 夜の生き物を観察しよう」を開催しました。

すっかり暗くなった海浜自然センターに、「今日はどんな事をするのかな?!」ドキドキ・ワクワク・・・参加者の方々が集まって来られました。

夜の生き物探検ツアーでは、暗い水槽の中をゆうゆうと泳ぐアナゴや砂に潜って眠るベラを観察したり、お昼とは違った魚達の様子を観察しました。

小さなミズクラゲ展では、きれいな光を浴びてゆらゆら泳ぐミズクラゲの体の作りをじっくり観察したり、専門家の方から海水浴の季節には気になる、クラゲの刺胞毒のお話を伺いました。

また、今回のナイトアクアリウムでは、海のウォーターペン作りやペットボトルランタン作りなどの短時間で出来る工作も行いました。

みなさん楽しそうに材料を選んだり、色を塗ったり、可愛らしい作品が出来上がりました。

館内を歩いていると・・・、「来年もまたやって下さいね!」と可愛らしい女の子が声をかけてくれました。よーし!来年はどんな企画にしようかな・・・早速考え中です。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう(4回目)」を開催しました。

2017年8月5日(土)、海浜自然センターと食見海岸で、スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう」を開催しました。

海も穏やかで、絶好のスノーケリング日和。

初めてのスノーケリングをマスター出来るかな?どんな生き物たちに出会えるかな?

始めは、「足が届かない所は少し怖いです。」と、心配されていた参加者の方も、しっかりウエットスーツの浮力を体験。指導者の方々の優しくて、楽しい指導の元、安心してスノーケリング体験が出来ました。

マスクで海の中をのぞくと、アオリイカや小アジの群れが!スノーケルを通して、みなさんの歓声が聞こえて来ました。外は暑いけれど、海の中はもうすぐ秋ですね。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう(3回目)」を開催しました。

2017年7月29日(土)、海浜自然センターと食見海岸で、スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう」を開催しました。

オリエンテーションの後、3グループに別れてミーティング、その後ウエットスーツに着替えて準備体操、陸上でフィンの練習後、海へ入りました。ウエットスーツだけで浮力を体感したり、マスクやスノーケルの使い方を学んだりしました。顔を海中につけたまま泳ぐ練習を何度か行い、桟橋へ移動して生きものを探しました。イソギンチャクやアオウミウシ、中にはマダコを見つけて驚く場面も。終わったら器材の片付けも学び、着替えて振り返りをしました。参加者からは「思ったよりすぐ慣れた、こわくなかった」「生きものがたくさん見れてよかった」といった感想が聞かれました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう(2回目)」を開催しました。

2017年7月15日(土)、海浜自然センターと食見海岸で、スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう」を開催しました。

今シーズン2回目のスノーケリング主催講座は晴天で波は穏やか、スノーケリングをするには良い日でした(見学するには暑くてちょっと大変でした)。

オリエンテーションの後、3グループに別れてグループミーティング、その後ウエットスーツに着替えて器材の使い方を教わりました。陸上で練習後、海へ入って練習しました。最初はウエットスーツだけで浮力を体感したり、マスクやスノーケル、フィンの特徴を学んだりしました。参加者の皆さんは基礎習得が早く、桟橋で生きものを時間をかけて観察できました。アオウミウシやケヤリムシ、ムラサキウニ等生きものを見つけて大喜び。終わったら器材の片付けも学び、着替えて振り返りをしました。参加者からは「もっとやりたい」「若狭湾の豊かさを学ぶことができてよかった」といった感想が聞かれました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう(1回目)」を開催しました。

2017年7月9日(日)、海浜自然センターと食見海岸で、スノーケリング自然教室「初心者におすすめ!スノーケリングをマスターしよう」を開催しました。

今シーズン初のスノーケリング主催講座は時折小雨が降る中でしたが、波は穏やかでスノーケリングをするには良い日でした。

オリエンテーションの後、3グループに別れてそれぞれ講師の方から説明を聞き、ウエットスーツに着替えて器材の使い方を教わりました。陸上で何度か練習後、いよいよ海へ入ります。最初はウエットスーツだけで浮力や保温を体感し、マスクやスノーケル、フィンを使って海の中で練習しました。ある程度基礎が習得できたら桟橋で自由時間、親子や友人と一緒にスノーケリングをしながら生きものを観察しました。終わったら器材の片付けも学び、着替えて振り返りをしました。海の生きものについて熱心に聞いている人もいて、海について興味・関心を深めることができました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

© 2019 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.