福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

平成29年度主催講座  一覧

海のふれあい教室「チリメンモンスターを探してみよう!」を開催しました。

2018年2月18日(日)、海浜自然センターで、海のふれあい教室「チリメンモンスターを探してみよう!」を開催いたしました。講師に、福井県立大学海洋生物資源学部の富永修先生にお越しいただき、ヒラメを例に挙げて、海の生き物たちは赤ちゃんの時、どんな姿をしているのか?、どんなものを食べているのか?、どこに住んでいるのか?などの話を伺いました。その後、チリメンの観察をとおして、海の中には魚やイカなどの子供たちがたくさんいて、それらは互いに関わり合いながら、それぞれ違った暮らしをしていることを学びました。講師の富永先生の前には、質問される方がずらりと並び、みなさんの熱心な様子が伺えました。また、「お店でみる魚にありがたみを感じました。」といった感想もいただきました。平成30年4月30日(月・祝)と6月9日(土)には、高浜町和田浜と小浜市西津浜で、富永先生を講師にお招きし、砂浜の生き物観察会を開催します。今度は「生」の魚の赤ちゃんが見られますので、ぜひご参加くださいね。

平成29年度の海浜自然センターの主催講座は、これで終わりになります。来年度も、楽しい海湖(うみ)の自然体験講座をたくさん準備お中です。ぜひ、ご参加ください。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

海のふれあい教室「バイオイクラを作ってみよう!」を開催しました。

2018年2月10日(土)、海浜自然センターにて海のふれあい教室「バイオイクラを作ってみよう」を開催いたしました。
週初めからの大雪で開催が心配されましたが、周辺道路や駐車場の除雪作業と数日間の晴天や雨で雪もかなりとけ、開催することができました。講師に福井県立大学海洋生物資源学部の神谷充伸先生をお招きし、まずは若狭湾で採れる海藻の紹介や身の回りで海藻成分がたくさん使われていることを解説してもらいました。次にゼラチン、寒天、カラギーナン、アルギン酸の成分を使ったゼリーにお湯をかけ、どう変化するか触って確かめ、アルギン酸の有用性を感じました。アルギン酸や絵の具を使ったカラフルな人工イクラを作りました。コツをつかむとたくさんの人工イクラを作ることができ、かわいい瓶に入れて持ち帰りました。

次回の海浜自然センター主催講座は2月18日に「チリメンモンスターを探せ!」を開催します。ぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

三方五湖自然「バードウォッチング 冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」を開催しました。

2018年2月4日(日)、三方湖周辺にて、三方五湖自然「バードウォッチング 冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」を開催いたしました。
先週からの大雪で観察予定地が雪で埋もれる等開催が心配されましたが、除雪作業を行ったのと数日間の晴天や雨で雪もかなりとけ、開催することができました。当日は晴天で絶好のバードウォッチング日和となりました。オリエンテーションの後、早速はす川河口で休息していたハクチョウを観察、水面から飛び立って目の前を通過していく姿を見ることができました。車でふゆみずたんぼへ移動し、凍った水田で休息する約30羽のコハクチョウとオオハクチョウを観察、ハクチョウ以外にもノスリやタヒバリなど見ることができました。さらに車で成出園地へ移動し、オジロワシの出現を待ちます。待っている間、ミコアイサやヒドリガモなどカモ類を中心に観察しました。この日は野鳥の会の海ワシ調査も行われていて三方五湖周辺にいないか情報が入りますが、結局姿を現すことがなく時間となりました。
今年度は残念ながらオジロワシを見ることはできませんでした。来年度はぜひ見たいですね。

今年度の海浜自然センター主催のバードウォッチングは全て終了です。来年度も開催しますのでぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 野鳥観察

三方五湖自然教室「バードウォッチング 冬 久々子湖ぶらりカモ類ウォッチング」を開催しました

2018年1月27日(土)、久々子湖周辺にて、三方五湖自然「バードウォッチング 冬 久々子湖ぶらりカモ類ウォッチング」を開催いたしました。
数日前からの大雪で開催が心配されましたが、警報解除や周辺道路の除雪が進み、開催することができました。吹雪や強風のため、寒さに耐えながら観察を行いましたが、湖面や湖岸で休息するカモ類だけでなく、田んぼで二番穂を食べるアトリやカワラヒワなどのかわいい小鳥、吹雪の中を飛ぶカモメ類等27種類の野鳥を観察することができました。バスで移動しながら観察ポイントを回り、最後は豚汁のふるまいがあり、身も心も温かくなりました。

次回のバードウォッチングは2月4日(日)9:00~11:30に三方湖周辺で「オジロワシとコハクチョウを観察しよう」(平成28年度のレポートはこちら)を開催します。ぜひご参加ください。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 野鳥観察

海のふれあい教室「海の宝物発見!(ビーチコーミング)」&「漂着物アートに挑戦しよう!」を開催しました

11月19日(日)に海のふれあい教室「海の宝物発見!(ビーチコーミング)」&「漂着物アートに挑戦しよう」を開催しました。春に開館した美浜町エネルギー環境教育体験館きいぱすをお借りし、今年度も講師として漂着物学会会員の林重雄氏に来ていただいて、敦賀市白木浜でビーチコーミング、きいぱすで漂着物アートを行いました。

午前は講師から漂着物についての説明を聞いた後、白木浜に移動してビーチコーミングを行いました。降ったりやんだりの生憎の天候でしたが、カラフルな貝殻やウキ、玩具など様々な漂着物を発見!講師から個別に漂着物の詳細を教えていただき、初冬の海岸は宝物だらけであることを感じました。

午後は午前中に拾って洗浄・乾燥させた漂着物を使い、モビール作りに挑戦しました。漂着物をひもで固定し、流木に穴をあけて結び、バランスを考えながら調整します。最後に講師から一人一人作品の講評をしていただき、温かい雰囲気で終了しました。

参加者からは「毎年参加しているが勉強になる」「白木浜のおもしろさがよく分かった」「楽しくてまた参加したい」という感想が寄せられました。

 

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

海のふれあい教室「魚の解剖&試食体験」を開催しました

10月22日(日)・10月28日(土)に当センターにて、海のふれあい教室「魚の解剖&試食体験」を開催しました。

はじめに、魚の特徴についてのお話を聞いていただき、 その後センター職員による魚の解剖実演をしました。今回使用した魚はツバス(40cmサイズのブリ)です。内臓の特徴やはたらき、人間との関連性を解説すると「なるほど」という声が聞こえました。実演後は参加者の皆さんも解剖を行いました。胃の中にはエサのアジやイワシが10数尾出てきて「これほどたくさん食べているのか」と驚きもありました。

解剖の後は調理タイムです。今回のメニューは「ムニエル」「酒蒸し」の2品です。講師として小浜市矢代の角野さんに来ていただき、魚を三枚に下ろす、皮をはがす、中骨をとって食べやすい大きさに切る方法を伝授していただきました。お手本を見せていただいた後に参加者の皆さんもやってみました。保護者のサポートを受けながら、子どもたちが一生懸命包丁を使って魚をさばきました。難しそうに見えますがやってみると意外と簡単、もっとやりたいという声も聞かれました。試食では皆さんから「おいしい」「家でもやってみたい」といった感想をいただきました。また、講座をとおして命の大切さ、食べることのありがたさも感じているようでした。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 海のふれあい教室

☆海のふれあい教室「イカの解剖&試食体験」を開催しました☆

9月16日(土)と9月24日(日)に当センターにて、海のふれあい教室「イカの解剖&試食体験」を開催しました。

日頃からいろいろな料理の食材として重宝され、みなさんよく口にするイカですが、その生態などは意外と知らないものです。
はじめに、イカについてのお話を聞いていただき、 その後センター職員によるイカの解剖実演をしました。
みなさん身を乗り出して興味津々!!
イカには心臓が3つあることや、ろうとと呼ばれる器官を使って泳いでいることなど解説すると、「へぇ~」「そうだったのか!」といった声が聞こえ、新たな発見をしていただけました。

実演後は、いよいよ参加者のみなさんも解剖です。
イカ墨で上手にお絵描きしている参加者もいらっしゃいましたよ☆

解剖の後は調理タイム!
メニューは、「イカの塩コショウいため」「イカのホイル焼き」「イカわたのホイル焼き」の3品目です♪
お母さんたちは、「イカの塩コショウ炒め」と「イカのホイル焼き」を一つのフライパンで同時に調理するなど、主婦力を発揮しておられました!
試食では、みなさんから「おいしい」の言葉が聞けました。
また、「普段食べている魚介について詳しく知ることができてよかった」「これからも海を大切にしたい」「家でもやってみます!」といった感想をいただき、とても充実した時間を過ごしていただけたと感じました。

10月22日(日)と10月28日(土)には「魚の解剖&試食体験」を開催いたします。
魚のことをより詳しく知る、絶好の機会ですので、ぜひご参加ください!

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: 磯観察

「ナイトアクアリウム 夜の生き物を観察しよう」を開催しました。

2017年7月28日(金)と8月4日(金)に、「ナイトアクアリウム 夜の生き物を観察しよう」を開催しました。

すっかり暗くなった海浜自然センターに、「今日はどんな事をするのかな?!」ドキドキ・ワクワク・・・参加者の方々が集まって来られました。

夜の生き物探検ツアーでは、暗い水槽の中をゆうゆうと泳ぐアナゴや砂に潜って眠るベラを観察したり、お昼とは違った魚達の様子を観察しました。

小さなミズクラゲ展では、きれいな光を浴びてゆらゆら泳ぐミズクラゲの体の作りをじっくり観察したり、専門家の方から海水浴の季節には気になる、クラゲの刺胞毒のお話を伺いました。

また、今回のナイトアクアリウムでは、海のウォーターペン作りやペットボトルランタン作りなどの短時間で出来る工作も行いました。

みなさん楽しそうに材料を選んだり、色を塗ったり、可愛らしい作品が出来上がりました。

館内を歩いていると・・・、「来年もまたやって下さいね!」と可愛らしい女の子が声をかけてくれました。よーし!来年はどんな企画にしようかな・・・早速考え中です。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

「ウエットスーツを着て磯の生き物を観察しよう」を開催しました。

2017年7月23日(日)と8月19日(土)に、坂井市三国町田の尻海岸で、「ウエットスーツを着て磯の生き物を観察しよう」を開催しました。

両日とも、お天気がとても心配されましたが、楽しく開催することが出来ました。

7月23日(日)は、越前加賀自然公園指導員の八十嶋彰雄先生にお越しいただき、優しく丁寧に、海の生き物を観察する方法をご指導いただきました。

8月19日(土)は、ナンシーネイチャースクールの松田泰明先生にお越しいただき、漁師さん目線から見た海の生き物のお話や、地元の人しか知らない磯の生き物の食べ方などを楽しく教えていただきました。

田の尻海岸は、波食棚という地形が面白い他、活動場所が広くて、海藻や生き物がたくさん観察出来るとても楽しい場所です。始めは、怖がっていた参加者の方も、講座が終わる頃には、岩を掴んで体を安定させながら生き物を観察されていたのがとても印象に残りました。

「1回目が楽しかったから、2回目も参加しました!」とお話してくださった方もいらっしゃいました。

福井県には、田の尻海岸にように、楽しくて大切にしていきたい海辺がたくさんあることを、これからもみなさんと一緒に体験していきたいなと思いました。

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

「経験者におすすめ!海域公園スノーケリング(烏辺島) 」を開催しました。

2017年7月16日(日)と8月26日(土)に、「経験者におすすめ!海域公園スノーケリングを楽しもう(烏辺島)」を開催しました。

どちらも、福井県外から参加してくださった方が半数以上を占め、みなさん、遠くから三方海域公園でのスノーケリングを楽しみに集まってくださり、ありがとうございました。

鳥辺島では、カゴカキダイやソラスズメダイ、ウミウシ、タツノオトシゴなど、普段なかなか見られないカラフルな生き物を見つけると、「アー!」とか「ンー!」という嬉しい悲鳴がスノーケルを通してあちこちから聞こえて来ました!

また、「リーダーの方の説明が楽しかった!」とか、「丁寧な指導で安心してスノーケリングが楽しめました!」との感想をいただき、リーダーのみなさんとスノーケリング講座を企画出来ることを大変心強く感じました。

来年も、みなさんに福井の海を満喫していただけるような講座を企画しますので、ぜひご参加くださいね!

 

イベレポカテゴリー: 平成29年度主催講座。 イベントレポートタグ: スノーケリング

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.