福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

海のふれあい教室「冬のお話会①イルカ」を開催しました。

2018年12月15日(土)に海のふれあい教室「海の生きものの不思議に迫る!冬のお話会①イルカ」を開催しました。

海浜自然センターでの開催は、久しぶりのお話会!第1回目は、福井県立恐竜博物館から一島啓人総括研究員にお越しいただき、イルカについてのお話を伺いました。

「イルカの体のつくりや、イルカとクジラは実は同じ(クジラの中で小さなものをイルカと呼んでいるだけ!)、イルカの祖先には、足があった!」という一島先生のお話に、参加者のみなさんは「へぇー!」と興味深く頷いておられました。

お話が終わると、次はビーチクラフトです。テーマはもちろん「イルカ」!どんな貝殻を使おうかな?材料を探す目も、みなさん真剣です。材料が選び終わったら、さっそく作品作りにとりかかります。

可愛くて、楽しいイルカがたくさん出来上がりました!最後に、一島先生から「みなさんの作品を見て、イルカそのものに注目して作る人と、イルカの周り(住む環境)に注目して作る人が見受けられた。そのものを知ること、それが住む環境を知ること、どちらもとても大切なことで、みなさんの作品が自然とそうなっていることに驚いた。これからも、そういう視点を持って、生きものをみてほしい。」と、心にじーんと響く講評をいただきました。

参加された方々からは、「イルカに興味はあったが、進化という視点では考えたことがなかったので、とても興味深かった。」といった感想をいただきました。

一島先生には、たくさんの質問にもお答えいただき、とても楽しい時間をみんなで共有することができました。次回は、2月24日「クラゲ」がテーマです。どんなお話が聞けるかな、次回も楽しみです!

© 2019 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.