福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

海のふれあい教室「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催しました。

2018年10月20日(土)に海のふれあい教室「魚の体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催しました。

9月24日は「イカの体のしくみを知っておいしく食べよう!」を開催しましたが、今回は魚(マアジ)です。はじめに、魚全般とアジの特徴やアジの漁獲量、栄養などのお話を聞いた後、解剖を行いました。まずは自分で挑戦!えらの近くなど硬くて切れないところはお家の方に手伝ってもらいましたが、できるだけ自分の力でやってみました。内臓の位置や形、触った感じの違いを確かめました。胃を切り開くとヒイラギやイカ、シラスなどが見つかりました。さらにアニサキスが見つかり、虫めがねでよく見ると動いている!など発見や感動があり、参加者全員で観察しました。

解剖の後は調理です。今回は小浜市矢代の民宿「かどの」の角野さんに講師として来ていただきました。まずは3枚におろす方法を教えていただき、やってみました。さらに皮をはがし、食べやすいように中骨も取り除きました。今回のメニューは酒蒸しとムニエルの2品。酒蒸しはホイルに切り身、うすく切った野菜やきのこ、調味料を入れて蒸すだけ、ムニエルは小麦粉をつけて焼くだけです。講師の方に調理のコツを教えてもらいながら火を通していくとだんだんいいにおいがして、食欲をそそります。完成したら楽しみにしていた試食。アジの名前の由来にある味を堪能できました。

解剖や調理、試食を通して魚に興味関心が深まり、命の大切さも学ぶことができたという感想が多く聞かれました。ぜひ家でもやってみましょう。

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.