福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

スノーケリング指導者養成講座「救急法・安全管理講習」を開催しました。

2017年6月24・25日(土・日)、スノーケリング指導者養成講座「救急法・安全管理講習」を開催しました。

24日は三方消防署で普通救命講習を受講しました。胸骨圧迫やAEDの使い方等ほとんどの方は毎年受講していますが、もう一度初心に戻ってしっかり話を聞き、実習を行いました。その後三方青年の家で夕食後、安全管理マニュアルについての解説を行いました。さらに海の生きものについての知識を深める講座として、福井県を代表する海の幸、越前がにについて水産研究・教育機構の山本研究員に講義をしていただきました。

25日は安全管理講習として、東京海洋大学教授の千足先生に講義と実習をしていただきました。重大事故事例やヒヤリハット事例をいくつか紹介していただき、どういう点が問題であったか、どうすれば防ぐことができたかを考えました。その後ウエットスーツに着替えて陸上で溺者の救助や曳行方法を練習し、海に入りました。フィンキックや道具無しでの曳行等、ステップアップしながら少しずつレベルを上げた練習を行いました。午後からはレスキューチューブを使った救助や救護船への引き上げ方法も練習し、最後は3人組で役割を変えながら溺者の救出訓練を行いました。

今回の講座で、もしものための知識・技術を習得しましたので、参加者指導者として自信を持ってスノーケリング指導を行うことができます。今後もスノーケリング講座を安全に行うことができるような取組を進めていきます。

© 2018 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.