福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

海のふれあい教室「海の生きものの不思議に迫る!冬のお話会(ウニ)」を開催しました

2019年12月15日(日)、福井県海浜自然センターにおいて、海のふれあい教室「海の生きものの不思議に迫る!冬のお話会(ウニ)」を開催しました。

12名が参加され、海浜自然センターの体験学習室1に集合しました。

はじめに講師の福井県水産試験場海洋研究部の児玉 主任研究員より、ウニの生態についての講義があり、その後にウニの殻を使ったビーチクラフトを作りました。
ウニの生態の講義では、生きたウニを使って体のつくり、福井県栽培漁業センターでのウニの種苗生産、近年ウニが原因となって起こる「磯焼け」、福井の名産品「越前雲丹」など、幅広い内容の講義で、参加者の皆様は興味深く耳を傾けていました。
ウニの殻を使ったビーチクラフトでは、ピンクのウニの殻を中心に海の漂着物を使って、個性豊かな作品が次々とできていました。
参加者からは、「講師の児玉主任研究員の話が面白かった。ウニのことが詳しく分かってよかったです。」「スノーケリングでも子どもたちはウニを見て喜んでいるので、夏のスノーケリング講座の参加者にもこういう講座をすればいいのでは。」といった感想がありました。

© 2020 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.