福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

11月, 2020

now browsing by month

 

海のふれあい教室「夏休みの自由研究 昆虫採集と標本作り」を開催しました。

2020年7月23日(木)「海のふれあい教室 昆虫採集と標本作り」を開催いたしました。

昨年度に続き、今年度も昆虫採集・標本作りの講座を開催しました。岡本水草ファームの岡本諭司先生に来ていただき、まずは昆虫採集について説明していただきました。最初に、前日に設置したトラップに昆虫がかかっていないか探し行きました。センター駐車場付近の駐車場は、カルピストラップ、音羽山登山道入り口は魚の死骸トラップを仕掛けていました。前日の降雨のためか、収穫が少なく、甲虫が数匹とれたという結果でした。午後は、図鑑を使っての同定作業(昆虫の名前を調べる)と標本の作り方のコツを聞いた後に、標本作りを開始しました。午前中採集した昆虫と岡本先生が事前に採集してくださった昆虫を標本にしました。標本作りでは、ピンセットを使って昆虫の足の向きを丁寧にそろえながらかっこいい標本に仕上げていました。
「同定・展肢など初めて聞く言葉だったけど分かりやすく、知識も身についてよかった。」「天気が悪く、昆虫がとれなくて残念でしたが、用意してくださった昆虫で標本作りができてよかった。」「自然環境に接する機会が減っているなかで、このような体験が増えると嬉しい。貴重な経験ができてよかった。」などの感想が寄せられました。

海のふれあい教室「夏休みの自由研究 海浜植物採集と標本作り」を開催しました

2020年7月25日(土)、海浜自然センター、食見海岸にて海のふれあい教室「夏休みの自由研究 海浜植物採集と標本作り」を開催いたしました。

毎年この時期に開催している講座、今年も講師に早坂先生に来ていただきました。植物採集の説明を聞いた後、センター付近から採集開始しました。午前中は曇りでしたが、採集が終わった頃から雨が降り出しました。食見海岸の磯場で様々な種類の植物を採集した後に、センター前の松林に移動し、ここでも採集を行いました。全部で20種類以上の植物を採集することができました。今年は降雨が多かったためか、キツネノカミソリなど例年見られない植物も数種類採集することができました。まだまだ新たな発見があることに気づかされた植物採集でした。昼食休憩後、標本作りのコツを教えていただいた後に標本作りに取りかかりました。植物から標本にする部分をカットし、更に余分な葉をカットしましたり、葉の表と裏両面が見えるように葉の向きを変えたり、長い茎は折り曲げたりと美しい標本になるように工夫しました。この後は、吸水用の新聞紙を取り替えて植物をしっかりと乾燥させてから、台紙に貼りつけます。植物名を記したラベルを貼れば完成です。参加者からは、「植物の名前や特徴を知ることができて楽しかった。」などの感想が寄せられました。

海のふれあい教室「夏の磯の生きものを観察しよう」を開催しました

2020年8月10~12日、23日、29に日に海浜自然センターで海のふれあい教室「夏の磯の生きもの観察」を開催いたしました。

天気にも恵まれ、予定していた5回とも実施することができました。最初に磯での観察方法や注意点の説明を行い、準備をして磯へ向かいました。波が高かった日や曇りの日もありましたが、透き通った海水中を泳ぐを魚を見ることができた磯観察日和でした。カニや貝、ヘビギンポやナベカ、ムラサキウニやアオウミウシなど様々な磯の生きものを採集できました。子どもも大人も夢中になり、親子で楽しんでいるようでした。採集した生きものは解説を行い、ウミウシは貝の仲間であること、太平洋と日本海では体表の線の数が変わる魚などを知り、勉強になったという声が多く聞かれました。夏休みの良い思い出になったことと思います。

 

© 2021 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.