福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

2020年10月28日水曜日

 

黄金色の「オニオコゼ」が新しく仲間入りしました。

黄金色の「オニオコゼ」が新しく仲間入りしました。

美浜町丹生の漁師さんが漁獲した黄金色の「オニオコゼ」です。美浜町漁協の協力により当センターで展示することになりました。
「オニオコゼ」は砂の中に身を潜め、エサとなる魚やエビなどが近づくのを待って捕まえる習性のため、体の色は海底の石に似た黒褐色のものがほとんどです。黄金色の「オニオコゼ」は生まれつき黒の色素を作ることができないため、このような鮮やかな黄金色の体です。
ただ、黄金色の「オニオコゼ」は、目立つ色なので、他の生きものに捕食されやすく、また、エサを捕まえる際も海底でうまく隠れることができず、エサに逃げられてしまうことが多いため、天然の海で生き残ることが難しく、めったに見ることができません。
今回の黄金色の「オニオコゼ」は全長28cm、体重487gで、これまでも何匹か黄金色の「オニオコゼ」を展示したことはありますが、今回のほど大きく、鮮やかな黄金色の「オニオコゼ」はかなり珍しいです。ぜひ、見に来てください。

場所:海浜自然センター 2階「若狭湾の危険な生きものコーナー」

© 2020 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.