福井県海浜自然センター

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の中にある、ご家族で体験学習が出来る入館無料の施設です。

2月, 2019

now browsing by month

 

海のふれあい教室「冬のお話会2クラゲ」を開催しました。

2019年2月24日(日)に海のふれあい教室「海の生きものの不思議に迫る!冬のお話会2クラゲ」を開催しました。

第2回目のお話会は、ウミホタルとクラゲの専門店Atollaから田中俊之さんにお越しいただき、クラゲのお話を伺いました。

クラゲの特徴や体のつくり、毒の話など、先生の実体験に基づいたユーモアたっぷりのお話に、どんどん引き込まれていきました。また、先生の楽しい豆知識の豊富さに、驚かれている方もたくさんいらっしゃいました。実物のエフェラやカミクラゲも見せていただきました。

先生のお話を聞いて、クラゲのイメージをたっぷり膨らませた後は、クラゲ工作です。海浜自然センターの工作は、貝殻や流木など海で拾った材料を使うことが多いですが、今回は、クラゲのイメージに合うよう、毛糸やリボン、レースなどのフワフワした材料を用意しました。

今回も、可愛くて、素敵な作品がたくさんできました。最後に、作品について先生から「触手の付き方がいいですね!」、「ウリクラゲの口がよく表現できていますね!」といった講評をいただきました。

参加された方々からは、「海の生きものの世界は、奥が深くておもしろい。」といった感想をいただきました。

田中先生には、たくさんの質問にもお答えいただき、とても楽しい時間をみんなで共有することができました。次回は、3月16日「ズワイガニ」がテーマです。ぜひ、ご参加ください!

三方五湖自然「バードウォッチング  冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」を開催しました。

2019年2月3日(日)、若狭町鳥浜ふゆみずたんぼ、三方湖周辺にて、三方五湖自然「バードウォッチング  冬 オジロワシとコハクチョウを観察しよう」を開催いたしました。

今年度最後のバードウォッチング、今回はオジロワシとコハクチョウを中心とした探鳥会。雨が降ることなく、穏やかな日となりました。オリエンテーションの後、鳥浜ふゆみずたんぼへ向かいました。いつもならいるはずのハクチョウ類は見ることができず、三方湖畔の成出園地へ移動。オジロワシの出現を待つ間、ヨシガモなどカモ類を観察しました。この日は野鳥の会の海ワシ調査日でオジロワシの情報を受け、三方湖畔の船小屋へ移動。ここからは山頂付近の木にとまっているオジロワシを発見。比較的近くで長時間とまっていたことからじっくり見ることができました。さらに飛翔し、肉眼でも大きさを実感できる姿に参加者の皆さんから歓声が上がりました。三方湖上空をゆったり飛び回り、飛翔中の様子もじっくり観察ができました。参加者の皆さんから「初めてオジロワシを見ることができて感激した」「オジロワシの大きな姿に驚いた」「オジロワシが安心して過ごせる環境をつくっていきたい」といった感想が寄せられました。

次回のバードウォッチングは4月14日(日)9:00~11:30 食見海岸アビ類ウォッチング」という講座を行います。ぜひご参加ください。

© 2019 福井県海浜自然センター Fukuiken kaihin shizen center. All Rights Reserved.